スマートフォン版で表示

連載失敗に学ぶ転職成功術(転職失敗事例集)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【case2】
「できます!」と見栄を張ってしまいました…

ベンチャー企業で3年間働き、ある程度自分の裁量で仕事ができるようになったので、今度は大企業の中でチャレンジしたいと思ったんです。対人印象が良いほうで、大企業の顔になるのがあこがれでした。そのためなら何でもやれると思い、事業の立ち上げなど未経験の分野も「できる」と答えて、結果、内定をもらいました。しかし実際にやってみるとなかなかうまくいかなくて…。

T.Tさん(26歳)

キャリアアドバイザーの助言

point
「できません」と言う勇気も大切。でもその後の努力も忘れずに!

あこがれの企業の内定が近づいても、見栄を張るのはやめましょう。できることとできないことをきちんと伝えないと、仕事が始まってからが大変です。入りたてのころはただでさえ慣れない仕事に戸惑いますよね。しかし、面接で「できません」と開き直るのも禁物で、できない理由をきちんと話しましょう。そして、できる範囲を具体的に伝えれば、自分の能力を分析する論理的思考力や相手に伝える伝達説明能力もアピールできます。さらには、常に自分の苦手分野や未知の領域をカバーする手法を考えましょう。そうすればきっと入社後も成長を実感できるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

入社後に「こんなはずじゃ…」とならない
ために、転職のプロに相談しよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
「こんなはずじゃなかった!」と、
今、後悔している人は…
新着の求人情報を見る

doda転職フェア大阪、福岡

大阪 福岡