スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

連載転職の失敗談から学ぶ!後悔しない転職成功術

【case5】

社風が合わないことがストレスに…条件は良くても会社に馴染めません…

仕事内容や給与など条件に満足して転職しました。でも、いざ働いてみると、社風が合わなくて…。目標達成の数値を壁に貼り出したり、毎日朝礼で企業理念を唱和したりという風習に対して、戸惑いを隠せません。今まで穏やかな会社にいたからでしょうか。社内のこうした熱さになじめる自信がなく、ストレスをかんじるようになり、もう一度自分に合った会社を探すことにしました…

T.Yさん(26歳)

キャリアアドバイザーの助言

point
受け身になりすぎず、積極性を持つこと

職場の雰囲気や同じ部署の人と肌が合わないと悩む人は非常に多いです。企業の採用ページや面接官との会話から社風をつかんだつもりでも、現場での実感と違うこともあり、正確な情報を得ることは難しいもの。その会社に知り合いがいて、話を聞ければベストですが、そうでない場合は、現場を見せてもらうように交渉するのも、ひとつの方法です。

ただし、自分にピッタリ合う会社を探すことは非常に難しいことです。合う会社を探すという受け身の姿勢だけでなく、自分からその環境に合わせていくという考え方や、輪の中に溶け込むための積極性を持っておくことも大事でしょう。dodaの転職支援サービスは、現場で働く方の声も参考にアドバイスしており、職場の雰囲気や社員の特色といった漠然とした情報についても、できるだけ具体的に提供しています。情報があれば、前もって心構えもしやすいはずです。何でも気軽にご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたにはどんな職場が合っている?
仕事のスタイルや企業風土を診断しよう
キャリアタイプ診断
あなたは何を大切にするタイプ?
診断で適職探しのヒントを見つけよう
転職タイプ診断
入社後に「こんなはずじゃ…」とならない
ために、転職のプロに相談しよう
エージェントサービスに申し込む(無料)

doda年収査定サービス
ハイクラス転職サービスdodaX