転職・求人DODA(デューダ)トップ > 転職情報・成功ガイド > 失敗事例 > 転職で条件が合わない。内定に飛びついてしまい…
このエントリーをはてなブックマークに追加

雇用条件を確認せず、内定に飛びついてしまったんです…

case 3 雇用条件を確認せず、内定に飛びついてしまったんです

退職したのが4カ月前。なかなか転職先が決まらず、ようやく1社から内定が出ました。給与や待遇、福利厚生は前職と同水準だったので、すぐに入社の意志を伝えました。ところが、入社後に分かったのですが、試用期間中は給与が下がるし、月に1度は土日出勤。もう、耐えられません。

失敗者:G.Sさん(仮名・28歳)
キャリアアドバイザーの助言
入社前に、必ず雇用条件の確認を!

内定をもらうと、舞い上がってしまいがちですが、入社の意志を伝える前に、雇用条件の確認を怠ってはいけません。焦るあまり、転職の意味がなくなることだけは避けたいです。


企業を選ぶにあたり、何に重きを置いていたのか、本当にやりたい仕事かどうかも、再度自分に問いかけた方がよいでしょう。そして、内定通知はよく読んで、勤務時間や年収の内訳など、確認を忘れずに。少しでも疑問があれば、企業に逐一確認することが基本です。ただ、細かいことを何回も聞くことは相手の心象を損ねる可能性もありますので、転職で大切にしたいことや、そのほかの条件で気になるところは、選考の段階から前もって整理しておき、スムーズな条件交渉ができるようにしておきましょう。


いずれにしても、採用条件や勤務内容が当初の理想と違っていても、あらかじめその覚悟があるのとないのでは、新しい環境へのなじみ具合も違ってきます。DODAのエージェントサービスは、企業ごとの特色を知り尽くしたキャリアアドバイザーが適切なアドバイスをしますので、不安な方はどうぞご相談ください。


転職失敗事例集を見る
DODAエージェントサービス
専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。
エージェントサービスに申し込む(無料)
3分でわかるエージェントサービスのメリット3分でわかるエージェントサービスのメリット
このエントリーをはてなブックマークに追加