転職・求人DODA(デューダ)トップ > 転職情報・成功ガイド > 採用担当者のホンネ -中途採用の実態調査 > 転職活動を始めるチャンスは今!中途採用が活発になる時期

転職活動を始めるチャンスは今!中途採用が活発になる時期

このエントリーをはてなブックマークに追加
調査概要

1年で中途採用活動が活発なのは何月か、中途採用の担当者1,000人にアンケートを実施。職種ごとに集計・分析しました。自分はいつ転職活動を始めるべきか。これから転職しようとしている方は必見です。
※アンケートは1~12月の中で、中途採用が活発になる月を「重複回答可」で答えてもらっています。

【全体】4月入社を見込んだ採用活動のピークが3月に

1年で中途採用が最も活発なのは、3月と9月という結果になりました。1月の回答数を1.0とした場合、3月と9月は1.7。これは多くの企業が上期・下期の期初を迎える4月、10月の中途社員の入社を見込んだ採用をしているからです。3月、9月に続いて回答が多かったのが6月。1月を1.0とした場合の回答数は1.6でした。四半期の期初となる7月入社を前提とした採用に加えて、夏のボーナスをもらった後に転職活動を始める求職者の動きに合わせた採用活動をしていることがうかがえます。また6月は、春入社の新卒採用が落ち着く時期でもあるので、そのタイミングで中途採用を活発化させる企業もあります。

【全体】中途採用が活発な月(1月の回答数を1.0とした場合)

【全体】中途採用が活発な月(1月の回答数を1.0とした場合)

転職のベストタイミングや中途採用の採用動向などを
DODAのキャリアアドバイザーがお伝えします
転職のベストタイミングを知るための個別相談会
「いつ転職すればいい?」転職時期についての悩みをプロに相談!
DODAに相談する 転職コンサルティング

【職種別】ピークは3月と9月。そのほか職種ごとの特性が表れた月も

職種別に見ると「営業」と「販売/サービス」は、3月と9月に採用活動が活発になる傾向です。「営業」は1月の回答数を1.0とした場合、3月と9月いずれも1.8。「販売/サービス」は3月が2.2、9月は1.9となっています。「企画/管理」と「メディカル系エンジニア」は3月と9月に加えて6月にも波が。「企画/管理」は3カ月とも数値は1.8、「メディカル系エンジニア」は3月が1.6、6月と9月は1.5です。これは、前述の通り期初やボーナス後の求職者の動きに合わせた採用をしていることが表れています。

さらに「企画/管理」に含まれる経理職の採用は6月に活発になる傾向。経理職は、決算期である年度末と、株主総会の準備をする年度初めから6月ごろまでが繁忙期のため、仕事が一段落したタイミングに合わせて採用する企業が多いようです。また「建築・土木系エンジニア」は3月と9月に加えて4月も活発に。公共事業の多い年度末を終えて転職活動をする求職者の動きに合わせた傾向です。

「IT系エンジニア」は9月が1.7、「クリエイティブ」は3月が1.5という結果ですが、ほかの職種と比べると、月ごとの変動はそれほど大きくありません。いずれも、中途採用における時期性はあまりなく、特に「クリエイティブ」については、もともと大量採用が少なく、欠員補充の採用が多い特色が表れています。

「ものづくり系エンジニア」は、9月が3.3と非常に高くなっています。多くの企業は、年度計画に沿って中途採用をしますが、上期の採用で充足しなかったことから、下期に向けて増員計画を立て、新たに採用人数を増やす動きも見られます。最後に「金融専門職」は、4月と6月が2.0、3月は1.9と、上期に採用が集中する結果です。年度初めの計画に沿って、上期中にある程度の人数を採用する企業が多いと言えます。

【職種別】中途採用が活発な月(職種ごとに1月の回答数を1.0とした場合)

【職種別】中途採用が活発な月(職種ごとに1月の回答数を1.0とした場合)

転職のベストタイミングや中途採用の採用動向などを
DODAのキャリアアドバイザーがお伝えします
転職のベストタイミングを知るための個別相談会
「いつ転職すればいい?」転職時期についての悩みをプロに相談!
DODAに相談する 転職コンサルティング

【まとめ】4月入社を狙って動き出すタイミングは今

転職活動の開始から内定までは、平均2~3カ月かかると言われています。今回のデータから明らかになったように、採用活動のピークは4月、10月入社を前提とした時期。4月入社を狙うなら、動き出すタイミングはまさに今です。

景気の回復によって「売り手市場」が続く転職市場ですが、1年を通して見ると、波があることが分かります。転職しようと思うタイミングはそれぞれで、希望する企業や職種の求人が必ずあるとも限らないので、必ずしも採用が活発な時期の転職がベストというわけではありません。ただ、市場や職種の動向を知り、それを参考にしながら計画的に活動するのは、転職成功のためは必要なことです。
【対象データ】書類選考・面接選考を担当している採用担当者
【有効回答数】1,000件
このエントリーをはてなブックマークに追加
DODAエージェントサービス専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。はじめて退職する方のために3分でわかるエージェントサービスのメリットを紹介 エージェントサービスに申し込む(無料) 3分でわかるエージェントサービスのメリット
おすすめ診断コンテンツ