スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

転職市場予測2021上半期
コロナ影響による動向を14人のキャリアアドバイザーが解説

新型コロナウイルスが2021年上半期の転職市場にどんな影響を与えるのか、doda編集長と14人のキャリアアドバイザーが解説します。2021年に転職活動をするべきか迷っている方、転職活動の情報収集をしたい方に向けて、企業の目線がどう変化しているかなどアドバイスもお届けします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年、転職市場の動向と、コロナ影響による活動のタイミング

doda編集長 喜多恭子

2021年上半期の転職市場は、ITに関連する求人ニーズが堅調となる見込みです。
新型コロナウイルスの感染拡大によって、企業は長期戦に向けた準備を迫られており、IT業界やエンジニアに限らずあらゆる業界・職種でビジネスの軸をIT化・ネット化することが急務になっています。14の分野のキャリアアドバイザーの解説でも、求人の背景にDX(デジタル・トランスフォーメーション)、RPA(Robotic Process Automation)といったキーワードが目立ちます。

即戦力性の高い経験者採用のニーズが強い

先行き不透明感があるからこそ、企業は即戦力として活躍できる方の強い採用ニーズがあります。それゆえに、「同じ業界・同じ職種」の経験者が有利になる傾向が強まっています。業界や職種の知見に加えて、社内・社外と折衝・交渉しながら仕事をしてきた経験や、自分で課題を見つけて解決してきた仕事ぶりが評価されます。とはいえ、今と違う業界・職種にチャレンジするのが絶対に無理なわけではありません。ぜひキャリアアドバイザーに転職活動の進め方を相談していただきたいと思います。

転職活動してみることでコロナの不安を晴らそう

「コロナが落ち着いてから転職活動したほうがいいのでは」と考える人も多いと思います。報道などを見ていると、そう考えるお気持ちもよく分かります。ですが、求人はありますし、「自分に何ができるか分からない」からスタートした転職活動で内定を獲得した方も多くいらっしゃいます。応募・面接を通じて、自分が仕事に求めているものが分かったり、自分の強みが企業にどう評価されるのかクリアになったりするものです。「このままでいいのかな?」という思いをお持ちの方は、2021年は転職活動に次の一歩を踏み出してみませんか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Web面接・オンライン面接を実施中の企業の求人特集
求人を見る
テレワーク・リモートワーク・在宅ワーク制度がある企業の求人特集
求人を見る

関連動画

関連動画

Youtubeチャンネル「doda転職応援チャンネル」では、各職種の有識者とdoda編集長との対談動画をアップロードしており、職種ごとの「コロナ下の転職で求められるスキル」や「最新の転職市場への考察」を知ることができます。

  • 【須藤 憲司×doda編集長】
    コロナ下で営業職が求められていることとは?:営業職編

  • 【須藤 憲司×doda編集長】
    このまま営業職でいい?営業が専門スキルを身に付けるには…!?:営業職編

  • 【辻 愛沙子×doda編集長】
    コロナ下で求められるスキルとは?最新の転職市場を解説:企画・マーケティング職編

  • 【辻 愛沙子×doda編集長】
    今、転職すべきなのか?職を失わないためにはどうすれば良い!?:企画・マーケティング職編

  • 【ちょまど×doda編集長】
    ITエンジニアがコロナ下で求められるスキルとは?:IT・通信編

  • 【ちょまど×doda編集長】
    IIT業界で今後特に伸びる領域は?エンジニアスキル以外で学ぶことは?:IT・通信編

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

キャリアタイプ診断