スマートフォン版で表示

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A(面接)

Q.失業期間が長いので不安です

家庭の事情により失業期間があります。どのような理由であれ「失業期間」は企業にとってマイナスですか。挽回する方法はありますでしょうか。(W.Yさん/29歳)

A.重要なのは、「事情を正直に話すこと」と、「失業期間も前向きにとらえ次につなげること」です。

失業期間があまりにも長いと、「この人はいったい何をやっていたの?」と面接官が疑問に思います。まずは「前から学びたかった▲▲を勉強していました」「ビジネス英語を身につけるために、海外へ留学していました」などと、理由や目的を説明して面接官に理解してもらうのが第一優先。そして、「それを御社でこのように発揮したい」と、得た成果・経験を将来のキャリアに結びつけて語るようにしてください。 面接官が知りたいのは、「それを企業にどう活かしてくれるのか」どうかです。

気をつけなければならないのは、資格浪人や留学は、得たものが形にならなければなかなか評価されにくいものです。入社したらその経験をどう活かすことができるのか、どう企業へ貢献できるのか、をアピールすることが大事です。

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

合わせて読みたい

関連コンテンツ

関連Q&A

dodaのサービスを利用する
会員登録をする(無料)
キャリアアドバイザーに面接のアドバイスを聞く
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職フェア福岡、東京

福岡 東京