スマートフォン版で表示

面接

面接 自己PR面接悩み相談室━面接突破のポイント集━

このエントリーをはてなブックマークに追加

自己PRが書類と面接で異なっていても大丈夫ですか?

履歴書や職務経歴書に書いた自己PRと異なる内容を話しても問題ありませんか?

Y.Yさん(27歳)

自分の一番アピールしたいポイントを履歴書・職務経歴書に書くと思いますので、面接でもそのポイントを軸としてアピールするのがよいでしょう。書類と同じといっても、書類をなぞっただけの発言はもちろん厳禁。具体的なエピソードを交えて話すなど、書類の内容を補って、自己PRに説得力を加えてください。

ただし、絶対に書類に書いたことしか言ってはいけないというわけではありません。例えば、自己PRを“実績・成果”“技術・スキル”“自分自身・志向・キャリア”といったカテゴリーに分けるとします。例えば、書類では「向上心の高さ」と“自信の志向をアピールしている場合、面接では「その向上心によって得られたスキルや成果」といった展開にすれば問題ありません。表面的な内容は変わっても、アピールに一貫性があるからです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
DODAのサービスを利用する
会員登録をする(無料)
キャリアアドバイザーに面接のアドバイスを聞く
エージェントサービスに申し込む(無料)