転職・求人DODA(デューダ)トップ > 転職情報・成功ガイド > 失敗事例 > スケジュール管理に失敗、転職で複数社の面接が重なり…
このエントリーをはてなブックマークに追加

スケジュール管理がうまくできず、複数社の面接が重なってしまいました…

case 14 スケジュール管理がうまくできず、複数社の面接が重なってしまいました

比較検討のために、同時に複数社に応募。しかし、スケジュールの管理がうまくできず、面接を同じ日に2件入れてしまいました。時間的にも、どちらか一方にはいけそうにありません。どのように対処すればよいか悩んでいます。

失敗者:K.Kさん(仮名・24歳)
キャリアアドバイザーの助言
書類は、書類選考通過だけのツールではない
対処としては、まずは自分が受けている企業の優先順位をつけること。その上で、志望度の高いところを優先的に受けていくことがよいでしょう。企業にもよることですが、中途採用はスピードも大切です。戦力になりそうな人がいれば、すぐに採用してしまい、その分の採用枠を減らしてしまうことも。また、先に志望度の高いところを進めておけば、第2希望の企業から先に内定がでて、意思決定を急かされてしまうという事態も避けられます。面接慣れするために、第1志望を後回しにと考える人もいますが、あまり慎重になりすぎるのも要注意です。
提出前に第3者にチェックをしてもらう
面接の再調整はもちろん可能です。ただし、基本的には1度だけ。何度も繰り返していると、志望度が低いと思われることがあります。また、面接の段階も考慮しなければなりません。1次、2次面接であれば人事担当者が面接する場合が多く、調整は比較的可能なケースもありますが、、最終面接は役員などの場合が多いので、再調整は難しくなります。最終面接の日は、有給休暇を使うなど確実に時間を確保しておくことをおすすめします。今回のK.Kさんのように、同時に複数社を受けている場合は、連日面接を入れるよりも、余裕があるスケジュールを組みましょう。
転職失敗事例集を見る
DODAエージェントサービス
専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。
エージェントサービスに申し込む(無料)
3分でわかるエージェントサービスのメリット3分でわかるエージェントサービスのメリット
このエントリーをはてなブックマークに追加