スマートフォン版で表示

はたらく今日が、いい日に。doda(デューダ)

Age28 ~28歳から、今の私につながるキャリア~

Age28 ~28歳から、今の私につながるキャリア~ Age28 ~28歳から、今の私につながるキャリア~
このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日:2017年2月20日

未知への挑戦を繰り返してこられたのは“人に有益な情報を伝えたい”という変わらない思いがあったから

これまでのキャリアにおいて、大手企業からベンチャー企業まで幅広い組織の中で広報に携わってきた千田絵美さん。プライベートでは働くママのロールモデルをシェアできるコミュニティの場、「パワーママプロジェクト」を立ち上げ、2016年には自身が代表を務めるPR会社・株式会社フロントステージを設立。30代をスタートさせるための助走と思えるほど、がむしゃらに働き、走り抜いた20代を過ごしたとか。広報職で成果をあげることに奮闘した28歳当時の思い、女性のキャリアに対する考えなどを語っていただきました。

株式会社フロントステージ 代表取締役千田 絵美さん

1980年山口県生まれ。大学卒業後、小学校教諭となる。その後、フリーペーパーの広告営業を経て2006年に上京。同年、ピザ・すしなどの宅配総合サイト「出前館」を扱う夢の街創造委員会株式会社へ広報・社長秘書として入社。2008年、株式会社ドクターシーラボへ転職。結婚し、2010年に第1子を出産。2013年には、最短2分で無料オンラインストアが誰でも作成できる「STORES.jp」を運営する株式会社ブラケットへ転職。ブランディング構築に携わりながらPRマネージャーとして活躍。2016年、広報・PR事業をメインとする株式会社フロントステージを設立し、代表取締役に就任。同時に、働くママのコミュニティを広げる「パワーママプロジェクト」の活動にも注力している。

~28歳の時~ “伝えたい”その想いを軸に広報職へチャレンジ
「結果がすべて」と、がむしゃらに取り組んだ日々

小さいころにあこがれていた職業、それは小学校の先生でした。その夢をかなえるため、大学時代に教員免許を取得し、卒業後は晴れて教師の職に就きました。しかし、実際に仕事を始めると、「時間割に縛られる事は自分には向いていない、全く違う仕事に就こう」と思い、すぐに転職を決意しました。そこで選択したのが広告営業の仕事でした。営業経験はビジネスパーソンとしての基礎を身につけるのに役立つと思ったこと、そして、広告を通じて「何かを伝える」という仕事に魅力を感じたことが、広告営業を選んだ理由です。

フリーペーパーに掲載する広告をお客さまにご提案していくのは、販売スキルを磨く苦労もありましたし、営業職そのものの体力的なハードさも経験しました。つらさを感じるときもありましたが、実績をあげることで自分に対する評価が高まり、自信につながっていきました。半面、ともすれば気持ちが仕事一色になってしまいがちで、女性として重要なライフイベントである「結婚や出産が後回しになってしまうかもしれない」と感じて、悩んだ時期もありました。そう感じたとき、もともと持っていた“人に有益な情報を伝えたい”という気持ちを活かすことができ、さらに、ライフイベント後も長く活躍できる仕事に就きたい、というおもいが強くなってきました。そのとき「広報」という仕事が頭をよぎり、「私が本当にやりたかった仕事はこれだ!」と直感し、また転職へと踏み切りました。もちろん広報職は未経験だったので、面接は15社ほど受けました。最終的に「出前館」を運営する夢の街創造委員会株式会社を選んだのは、私が入社したらそれまでなかった広報の部門をつくると言ってくださったから。そのときは本当にうれしかったですね。

実はこのとき、夢の街創造委員会は2カ月後に上場を控えたタイミング。そこで私に課せられたのは社長秘書と広報という2つの仕事でした。最初は、社長のスケジュールをダブルブッキングしてしまったり、未熟さから会社をPRするチャンスを逃してしまったりと失敗ばかり。でも、「未経験だからこそ、何も恐れるものはない」という意識で、出版社に自社商品を扱った雑誌の企画を自ら持ち込むなど、さまざまな仕掛けにトライして、世の中へ情報を発信する面白さを体得することができました。そして、夢の街創造委員会で2年が経ったころ、「社長秘書との兼務ではなく、広報という仕事に全力を注いでみたい」と思い始め、ドクターシーラボという大手化粧品会社へ転職しました。この会社では、広報職として特にTVの露出回数を強化するミッションを与えられました。その時、28歳だった私は、「成果を誰よりも早く出したい!」という焦りがあったため、独りよがりな行動ばかりして、間違った方向に向かって突き進んでいたと思います。周りの人に頼ることを避け、自分の力だけで実績をあげることばかり考えながら仕事をしていました。なぜなら、28歳の自分は「結婚や出産後も活躍し続けられるように、30歳までに実績をあげて、キャリアを積んでおくべきだ」という思いが強すぎたからです。

「子どものとき、母が仕事で単身赴任をするという、珍しい家庭環境に育ちました。だからこそ、自分が母親になったときには子どもとの時間を増やせる働き方をしたい、という思いがありました。ですから、さまざまな働き方を選択できるフリーランスや起業はもともと視野に入れていました」

~28歳から今~ 子育てから得たことは、人に頼るという選択肢
一人でこなすことがカッコいいのではない、と学ぶ

キャリアを積み重ねていく中、プライベートでは29歳のときに結婚。同時に子どもを授かったのですが、うれしい半面「仕事に集中したい」と考えていた時期でもあったので、「仕事を失うのではないか」という不安も強く感じました。このとき、化粧品会社に転職してまだ1年足らずでしたから、周りに迷惑をかけることがないよう、以前よりも仕事への意識が高まりましたね。育児休暇からの復帰後は、子どもが熱を出した時に対応してもらえる保育施設を探して、前もって手配しておくなど、「絶対に育児と仕事を両立するんだ」というイメージを固めていました。しかし、いざ子育てをしてみると、保育園に預けるのをためらうほど娘がかわいくて仕方がありません。そこで意識が変わったんです。それまでは、一人でやり遂げることで周りに迷惑をかけない、と思い込んでいたのですが、育児と仕事をうまく回していくには、人に頼ることを選択肢に入れ、そのための情報共有をすることが大切だと思うようになりました。それをきっかけに「人に頼む」こともできるようになりましたし、また仕事全体を客観的に見ていく力も身についたと思います。

それから2年が経ち、育児と仕事の両立にも慣れてきたころ、また、今後のキャリアを考え直すことが多くなりました。育児休暇や時短勤務を快諾してくれた大手企業の待遇には、非常に感謝していたのですが、もう一度、大手ではできない「フレキシブルな仕事のやり方にチャレンジしたい」という気持ちが高まりました。そして2013年に転職を決意し、「社員数10人以下の会社」「自分が共感できるサービスを展開している会社」「スタートアップ企業であること」、この3つの条件を決め、転職活動をスタート。認知度が低いサービスを世の中へ発信することを得意とし、また、それにやりがいを感じる私は、初めて広報職を学んだ「出前館」の経験を活かすべく、株式会社ブラケットに転職することを決めました。

ブラケットでは、誰でも気軽にネットショップを作れるWebサービス「STORES.jp」を広めるために、自社のユニークな社員たちを商品化したさまざまな企画を発信していきました。例えば、「社員が豆まきに行きます」や「社員の書き初めを売ります」といったもの。実際に値が付いて購入していただくことがダイレクトな成果となって返ってくる感覚で、活動するエネルギーを与えられているように感じていましたね。「お母さんがイキイキと働いている姿を見せることは、子どもに良い影響を与える」という考え方を出産前から持ち続けていたこともあって、ワーキングマザーがメリハリを持って職場で活躍することは、会社のイメージアップにもつながる、と確信するようになりました。

そこで、「世の中には、仕事も育児も前向きに頑張っているママたちがたくさんいるはず。そういうロールモデルを増やして、ワーキングママの生活を活性化する手伝いをしたい」と思い、プライベートで“パワーママプロジェクト”を発足させました。これは、ワーキングマザーのロールモデルのインタビューを主にオンラインでシェアするとともに、ワーキングマザーたちが自分だけで悩まずに、思いを共有することで元気になれるリアルな場も用意しています。参加したママたちがとても喜んでくれて、その姿にこのプロジェクトの手応えを感じました。社会的にも、現在は女性の活躍を推進する大きな変化の時代となっていますので、このプロジェクトがさらに注目されることで、女性の活躍がより一層盛り上がるとうれしいですね。

毎年、“最も多くの人にパワーと勇気を与えたワーキングマザー”を「ワーママ・オブ・ザ・イヤー」として表彰するパワーママプロジェクト。第3回となった2016年12月の表彰式で、主要メンバーたちと記念の1枚。

~28歳の働く女性へのメッセージ~ 自分の手で組織創りに挑戦してみたい
新しい目標に向かって30代を自然体で進む

上昇気流に乗る会社、ブラケットに身を置いていたことで、また「何かにチャレンジしたい」という気持ちが高まってきました。そのころすでに、独立を視野に入れていたので、フリーランスになることも考えましたが、「組織をゼロからつくる」ことに興味を感じていたので、起業することを決意しました。一企業の代表となって、社員教育から始めてみたいという思いは、教師を経験したせいでしょうか、以前から持っていましたね。そして、まだ形のない事業を模索してつくり上げていく、その面白さが大きなモチベーションとなりました。振り返ってみると、自分のやりたいことに全力で立ち向かった28歳までの自分が、その後の結婚や出産を通して働き方を見つめ直し、周りの人に頼れるようになった。それが私の人生において一番の変化だったと感じています。

ただ、ひとつ変わらないものがあるとすれば「人に有益な情報を伝えることで、誰かが喜んでくれることにやりがいを見いだす」という私の思い。起業したばかりの今は、毎日のタスクをこなすことで精一杯ですが、命をかけて携われるほどの“居場所”をつくることができたことを考えると、これまでの努力はすべて無駄ではなかったと証明されたような気がします。

女性にとって28歳という年齢は、仕事やプライベートで悩みの多くなる時期だと思います。私が今思うのは、その時期に「自分がなりたい姿を考える時間を設けるべき」ということ。夢や目標が持てないからといって焦り、本当にやりたいことを見失ってしまってはもったいないですよね。情報があふれているこの時代だからこそ、画一的な情報にとらわれすぎて、「自分も他人と同じ生き方をしなくてはいけない」と苦しむべきではないと思います。28歳の時期には、「焦らず、自然体の自分で大丈夫!」という自信を持って、自分自身を見つめることが大切なのではないでしょうか。

「今後は顧客やメディアの方など、関わってくださる方に価値を提供しながらフロントステージを大きくしていくことが目標です。今は分からないことばかりですが、自分が代表を務める、という“やりがい”を実感しています」

今、28歳の自分にアドバイスをするとしたら?

自分の能力に自信が持てず、「できない、どうしよう」とマイナスな思考に時間を割くよりも、「実力がないのだからできないのは当たり前。人を巻き込みながら自分のスキルを磨けば、結果は必ずついてくる」それが、あのころの自分に言いたい言葉ですね。周りに迷惑をかけるのは恥だと思い、かたくなに人を頼ることをしなかった28歳の私が聞いたら、まだ理解できないかもしれませんけどね。

編集後記

「『育児も仕事も両立していてすごいですね』と言われることがありますが、私は目標がないとやる気が起きないタイプなので、決めた目標に向かって突き進んでいるだけなんですよ」と語る千田さん。自然と周りを元気にさせるパワーの持ち主である千田さんが、ますます女性が活躍できる場を広げてくれるかもしれない、そういう期待のふくらむ、活気に満ちた取材となりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分らしいキャリアを生きる」先輩からのメッセージ

Age28 28歳から、今の私につながるキャリア Indexへ

会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウト登録もこちら

会員登録済みの方はこちら

参加者1,000人突破!はたらく女性向けイベントWoman's Careere Meetingに参加しませんか?
あなたらしいキャリアを診断してみませんか? キャリアタイプ診断
女性に人気の企業からあなたの転職の可能性を診断します 合格診断
年収査定 3分で分かる、あなたの適正年収

<PR>

ワタシの“働く”を楽しくする ファンタブル funtable 未経験から事務にチャレンジ

キャリアを活かして時短で働く FlexibleCAREER

育休中の不安を自信に変える パーソルグループが提供する育休中ママのためのボランティアマッチングサービス mama VOLUN