スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

コラム・事例・インタビュー

連載【弁護士監修】知らなきゃ損する!転職と仕事の法律のQ&A

フレックスタイム制とは? メリットとデメリットとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q フレックスタイム制とは? フレックスタイム制の会社で働くときのメリットとデメリットとは?

最近出産した友人が、「うちはフレックスタイム制だから、保育園の送り迎えがしやすい」と言っていました。フレックスタイム制とはどのような制度で、どのようなメリットとデメリットがありますか? 将来を考えて、フレックスタイム制の会社への転職も考えているのですが、どんな会社が導入しているのですか?(27歳/女性)

A 始業時刻と終業時刻を、それぞれの社員が自由に決められる制度です。

「フレックス(flex)」という言葉には「柔軟性」という意味があります。就業時間が一律で「9時〜18時」のように定められているのが通常ですが、フレックスタイム制が導入されている職場では、個々の社員が始業時刻と終業時刻を自分の都合に合わせて柔軟に決めることができます。

ただし、「完全に」自由かというとそうではなく、就業規則によって一定のルール・制限が設けられている場合が多いでしょう。

よくあるのは「コアタイム」が設けられているケースです。例えば「昼12時〜16時」がコアタイムとして設定されている場合、その間はかならず出社(就業)していなければなりません。コアタイムの前後であれば、何時に出社してもいいし、何時に退社してもOKです。ただし、13時に出社すると遅刻の扱いになります。

メリットとしては、出社・退社時間を自由に選べるので、働き方をコントロールできたり、プライベートの都合に合わせられたりすることが大きいでしょう。「子どもの保育園の送り迎えの時間に合わせる」「夜遅くまで働いたので、翌日は少し遅めに出社する」というようなこともできます。

デメリットは、例えば同僚に確認したいことがあるのにその人が出社していないとか、会議を設定する際に出席者がそろう時間が限られる、といった不便はあるかもしれません。

仕事自体にある程度の裁量がある、企画業務やエンジニア、クリエイターなどの職種に向いている制度ですが、フレックスタイム制の導入ができる職種に法的な制限はなく、幅広い企業で取り入れられています。

イラスト

詳しく知りたい

フレックスタイム制の場合、残業代は出るの?

フレックスタイム制でも労働基準法上の時間外割増賃金(残業代)は出ます。ただし通常の勤務体系の場合とは残業代の算出方法が異なります。フレックスタイム制の場合は、3カ月以内の期間を清算期間とし、この清算期間における法定労働時間の総枠が決まっており、この総枠の時間より多く働いた場合は、残業代の支給対象となります。

例えば、ある清算期間の暦日数が30日で1週間の法定労働時間数が40時間の場合、法定労働時間の枠は171.4時間とされています。このとき、実際に働いた時間が180時間であれば8.6時間分が残業代として支給されます。その中で、深夜(22時から翌5時まで)に及んだ時間がある場合は、深夜割増賃金が出ます。

また、会社は、法定労働時間の枠内で、清算期間における総労働時間を定めることになります。実際に働いた時間が、ある清算期間の総労働時間に比べて多い場合は、その期間の賃金支払時に清算することになります。一方、足りない場合は、①その期間の賃金支払時に控除する方法と、②所定の賃金はその期間に支払い、足りなかった時間を次の期間の総労働時間に加算する方法とがあります。

なお、清算期間が1カ月を超える場合には、①清算期間における総労働時間が法定労働時間の総枠を超えないこと(清算期間全体の労働時間が、週平均40時間を超えないこと)、②1カ月ごとの労働時間が、月平均50時間を超えないことを満たさなければなりません。これらのいずれかを超えた時間は時間外労働となりますので、注意が必要です。

ここで扱った法律

フレックスタイム制は、労働基準法の第32条の3に基づく制度です。フレックスタイム制の導入に当たっては、労働者の過半数で組織する労働組合、それがない場合は労働者の過半数の代表者と会社が協定を結ぶ必要があります。また、清算期間が1カ月を超えるフレックスタイム制の導入には、労使協定を所轄労働基準監督署長に届け出なければなりません。

弁護士:藥師寺正典(やくしじ・まさのり)

中央大学大学院法務研究科修了。弁護士登録後、石嵜・山中総合法律事務所で執務を開始し、現在弁護士法人第一法律事務所(東京事務所)所属。使用者側の人事労務管理のほか、民事・商事について、多岐にわたる分野に対応。主著に『労働行政対応の法律実務』(中央経済社 共著)、『「働き方改革実行計画」を読む』(月刊人事労務実務のQ&A 2017年7月号 日本労務研究会 共著)など。

オンライン転職相談も実施中
エージェントサービスに申し込む(無料)
あなたの仕事の満足度は?なにを大切にするタイプ?
転職タイプ診断
今のあなたの適正年収を調べてみよう(約3分)
年収査定をする
このエントリーをはてなブックマークに追加

お悩み相談 一覧

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?