転職・求人DODA(デューダ)トップ > 転職情報・成功ガイド > 転職マネー相談室 > No.16:転職先の退職給付制度をチェックする | 転職マネー相談室
転職に関係するお金の情報をプロが解説/転職マネー相談室/保険、税金、年金、住宅ローン…転職する時はどんな準備が必要なのか?知っておきたいお金の情報をファイナンシャルプランナーが解説します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

No.16:転職先の退職給付制度をチェックする

最近転職を検討し始めました。転職先の退職金の制度がどのようになっているのか、気になります。現在勤務する会社は、退職一時金と確定給付企業年金の両方の制度があります。

(Kさん 男性 35歳)

退職給付制度の充実度は、転職先を決定する上で確認すべき重要な要素の1つとも言えます。転職先の制度内容、水準などについて判断する基準は持っておきたいところです。

■確認すべき制度について

転職先に次のような退職給付制度があるかどうか、チェックしておきましょう。

(1)確定給付企業年金
退職一時金の一部または全部を、一定の給付利率で運用し、60歳以降退職者に年金で給付するものです。最低保証利率が設定されているので、給付額が確定しています。Kさんが現在の会社を退職する際に受け取った確定給付企業年金の年金原資を、転職先の確定給付企業年金に移換できる場合があります。この制度があれば、今回受け取る退職給付の一部を老後生活に入るまで保全しておくことができます。
(2)厚生年金基金
国の老齢厚生年金の一部を代行し、さらにその会社独自のプラスαの給付を行うものです。最近は代行部分を国に返上し、(1)の確定給付企業年金の制度に移行するところが出ています。
(3)中小企業退職金共済
Kさんの転職先が中小企業で、独自の退職給付制度を持っていない会社が利用していることが多い制度です。いわゆる「国の退職金制度」と呼ばれているもので、独立行政法人勤労者退職金共済機構が運営しています。受け取り方は、一時金、年金、両者の併用が可能です。請求は事業主を経由せず、退職者が勤労者退職金共済機構に直接行います。
(4)生命保険
Kさんの転職先が中小企業の場合で、養老保険などの生命保険商品を活用して退職金の原資を積み立てている場合もあります。
(5)給付水準
厚生労働省の「平成25年就労条件総合調査」によれば、大学卒勤続年数別の定年退職者の平均退職給付額は、以下の通りとなっています(勤続20年以上かつ45歳以上の定年退職者)。退職給付のレベル感を把握する際に参考にしてください。

(単位:万円)

勤続年数 退職一時金制度のみ 企業年金制度のみ 両制度併用
20~24年 661 925 991
25~29年 756 1,181 1,551
30~34年 1,457 1,691 2,180
35年以上 1,567 2,110 2,562
従業員数 退職一時金制度のみ 企業年金制度のみ 両制度併用
1,000人以上 1,764 2,256 2,525
300~999人 1,338 1,699 2,074
100~299人 1,147 1,122 1,635
30~99人 919 1,155 2,343

■給付額が決まっていないもの

確定拠出年金とよばれているもので、会社が従業員ごとに一定金額を退職給付として拠出し、従業員はそれをあらかじめ提示された金融商品で運用する制度です。運用のリスクは従業員が負います。従って、運用の成果によって将来の年金額が変わります。 昨今、確定給付型の企業年金の積み立て不足が企業の業績を圧迫しています。そこで、確定給付型の企業年金制度の一部または全部を確定拠出年金に移行させ、企業の退職給付債務を減少させる動きが出ています。Kさんの転職先にこの制度がある場合は、経済情勢に応じて金融商品を選ぶことができるなど、資産運用のスキルをアップさせる必要があります。

(2014年4月1日現在)

DODAエージェントサービス専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。はじめて退職する方のために3分でわかるエージェントサービスのメリットを紹介 エージェントサービスに申し込む(無料) 3分でわかるエージェントサービスのメリット

深川 泉

株式会社 ポラーノ・コンサルティング取締役

CFP認定者
1級ファイナンシャル・プランニング技能士

DODAエージェントサービス専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。はじめて退職する方のために3分でわかるエージェントサービスのメリットを紹介 エージェントサービスに申し込む(無料) 3分でわかるエージェントサービスのメリット
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

書類選考で重視されること・されないこと

書類選考で重視されること・されないこと

採用担当者が履歴書・職務経歴書で見ているのはどこ?

面接・書類選考を勝ち抜く!個別相談会

面接・書類選考を勝ち抜く!個別相談会

書類選考や面接をどう勝ち抜くか、キャリアアドバイザーと1対1で相談しよう

面接準備セミナー<東京・丸の内>

面接準備セミナー<東京・丸の内>

面接官がどこを見てるか知ることが面接突破の第一歩。90分のセミナーです

年収査定サービス

年収査定サービス

あなたの“本当の年収”(=適正年収)はいくら?自分の市場価値を知ろう