転職・求人DODA(デューダ)トップ > 転職情報・成功ガイド > 転職マネー相談室 > No.17:退職すると、確定拠出年金はどうなりますか? | 転職マネー相談室
転職に関係するお金の情報をプロが解説/転職マネー相談室/保険、税金、年金、住宅ローン…転職する時はどんな準備が必要なのか?知っておきたいお金の情報をファイナンシャルプランナーが解説します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

No.17:退職すると、確定拠出年金はどうなりますか?

来月転職することになりました。現在の勤務先で確定拠出年金に加入しています。ここで積み立ててきた資産は、転職にともなってどのような対応が必要でしょうか。勤続年数は約5年です。

(Lさん 男性 27歳)

確定拠出年金には企業型と個人型があります。Lさんが加入している制度は企業型です。Lさんが現在勤務する会社を退職した場合、その後の動向によって取り扱いが異なります。いずれにしても、原則として60歳まで年金資産を引き出すことはできませんが、退職時の年金資産が15,000円以下であれば脱退一時金を受け取ることができます。その額を超えた場合でも、要件を満たすことにより、脱退一時金を受け取ることができます。

■確定拠出年金の加入者が退職した場合

退職後の動向によって、取り扱いが異なります。

(1)企業型確定拠出年金のある会社に転職する場合

現在Lさんが勤務する会社と同様に、企業型確定拠出年金を実施している会社に転職する場合は、現在の会社で積み立てた年金資産を転職先に移換することができます。転職先の会社がLさんに対して掛金を拠出して、制度を続けることができます。

(2)企業型確定拠出年金も他の企業年金も実施していない会社に転職する場合

個人型確定拠出年金に移換して、60歳まで追加して拠出することができます。個人型確定拠出年金に加入する場合は、個人型確定拠出年金を運営する「運営管理機関」への手数料を自己負担する必要があります。通算の拠出期間が3年以下、または年金資産が25万円以下であることなどの要件を満たすと、個人型確定拠出年金に移換した後に、脱退一時金の請求をすることができます。

(3)個人事業主になる場合

(2)と同じ取り扱いになります。

(4)他の企業年金制度を実施している会社に転職する場合

原則として個人型年金に移換することになりますが、その後掛金を追加して拠出することはできません。移換した年金資産は60歳になるまで、運用だけを行います(「運用指図者」となります)。掛金を追加拠出できませんので、運用の成果が思わしくない場合は、年金資産が確実に目減りする状況で手数料が徴収されることになります。
ただし、年金資産が50万円以下の場合や、通算の拠出期間が3年以下であれば、個人型確定拠出年金に移換した後に、脱退一時金を請求することができます。

(5)公務員、専業主婦になる場合

この場合も前記(4)と同様の取り扱いになります。

■年金資産のチェックを

Lさんは念のため、現在の会社で確定拠出年金の掛金を何年間拠出したかという点と、退職時の年金資産の額について、チェックしてください。退職後の動向により、確定拠出年金制度を継続することを望まない場合や、継続できない場合に、脱退一時金を受け取る選択肢があるかどうか、確認しましょう。

(2014年4月1日現在)

DODAエージェントサービス専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。はじめて退職する方のために3分でわかるエージェントサービスのメリットを紹介 エージェントサービスに申し込む(無料) 3分でわかるエージェントサービスのメリット

深川 泉

株式会社 ポラーノ・コンサルティング取締役

CFP認定者
1級ファイナンシャル・プランニング技能士

DODAエージェントサービス専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。はじめて退職する方のために3分でわかるエージェントサービスのメリットを紹介 エージェントサービスに申し込む(無料) 3分でわかるエージェントサービスのメリット
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

書類選考で重視されること・されないこと

書類選考で重視されること・されないこと

採用担当者が履歴書・職務経歴書で見ているのはどこ?

面接・書類選考を勝ち抜く!個別相談会

面接・書類選考を勝ち抜く!個別相談会

書類選考や面接をどう勝ち抜くか、キャリアアドバイザーと1対1で相談しよう

面接準備セミナー<東京・丸の内>

面接準備セミナー<東京・丸の内>

面接官がどこを見てるか知ることが面接突破の第一歩。90分のセミナーです

年収査定サービス

年収査定サービス

あなたの“本当の年収”(=適正年収)はいくら?自分の市場価値を知ろう