スマートフォン版で表示

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A(お金)

Q. 失業期間中に病気やケガをした場合はどうなりますか?

以前勤務していた会社を退職し、失業給付を受けながら、現在は転職活動をしています。しかし、最近体調が思わしくなく、転職活動に支障をきたしている状態です。どのように対応すればよいでしょうか?(30歳/女性)

A.退職後に加入した国民健康保険や、雇用保険の手当を利用しましょう。

質問者さんが失業中にかかった医療費については、退職後に加入した国民健康保険でカバーすることになります(「転職するとき、健康保険の手続きはどうすればよいですか?」をご参照ください)。
また、雇用保険では、失業中の一定の収入を補償する基本手当の制度があります(「失業手当(失業給付金)の給付の手続きはどうすればいいですか? 手当がもらえるのはいつから?」をご参照ください)

病気やケガで仕事に就けない状態が長引くと、雇用保険の基本手当が支給されないことがあります。そのような場合は、雇用保険の傷病手当や、基本手当の受給期間を延長することができます。

仕事に就けない期間が14日以内の場合→基本手当の受給

病気やケガで仕事に就けない状態であっても、その状態が14日以内であれば、基本手当が支払われます。病気やケガで失業認定日にハローワークに行けないときは、失業認定日を変更してもらいましょう。

仕事に就けない期間が15日以上の場合→傷病手当の受給

この場合は、傷病手当が支給されます。傷病手当の支給日数は、基本手当の所定給付日数から、基本手当が既に支給された日数を差し引いた残りの日数です。
失業の状態となったときに病気やケガで15日以上就労不能で、基本手当ではなく当初から傷病手当を受給する場合、傷病手当を受給できる最大の日数は、基本手当の所定給付日数と同じになります。
なお、基本手当の7日間の待期期間中や、退職の理由が自己都合であることによる3カ月間の給付制限中は、傷病手当は基本手当と同様、支給されません。

仕仕事に就けない期間が30日以上の場合→傷病手当の受給または基本手当の受給期間を延長

この場合は、傷病手当を受給することもできますが、もうひとつの選択肢として、基本手当の受給期間を延長することもできます。
基本手当は、原則として離職日の翌日から1年以内に所定給付日数を限度に受給しなければなりません。しかし、病気やケガで仕事に就けない期間が30日以上ある場合は、さらに最長3年間の受給期間の延長が認められます。つまり、受給期間が離職日の翌日から最長4年間に延長されるわけです。この場合、所定給付日数が増えるわけではありませんので、注意してください。

(2018年10月1日現在)

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

これから次の仕事を探す人は希望の条件から求人を探してみましょう
求人情報を検索する
転職活動のサポートだけでなく円満退職に関するアドバイスも
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

転職タイプ診断