スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える。DODA(デューダ)

ランキング・データ・調査

連載 ホンネの転職白書 2014.6.2更新

2014年夏のボーナス予想!9業種中、8業種でボーナス増額を期待

このエントリーをはてなブックマークに追加

9業種中、8業種でボーナス増額を期待。景気回復の実感は個人にも広がる

22〜39歳のビジネスパーソン4,000人に、2014年夏のボーナス予想額を聞いたところ、平均38.0万円で前年比105%(1万7,000円)増加となり、前年度の本調査と比較して、ボーナスの予想額・増加率ともに高くなりました。2013年夏の調査結果では、ボーナス予想額は平均33.7万円で前年比102%(8,000円)増加と堅実な予想がみられましたが、2014年夏の調査では、企業の業績回復が先行していた状況から、ようやく景気回復の実感が個人にも広がったことが伺えます。

業種別に見てみると、9業種中、「小売/外食」を除く8業種で、前年より増えると予想されています。特に増加率が高いのは、昨年来の景気回復で業績改善がより一層進んだ「金融」で前年比107%。続いて「サービス」「メーカー」「商社」が106%。増税による消費の落ち込みの影響を受けやすい「小売/外食」は前年比99%で下降予想という結果になりました。

職種別では「金融系専門職」が前年比115%と大幅な増額が予想されているほか、円高是正で外需型メーカーの業績が回復してきたことを背景に「モノづくりエンジニア」が前年比109%、東京オリンピックの開催決定でさらなる大型案件の発注が予想される「建築系技術職」が前年比109%。ビジネスにおける法人企業のIT投資の案件数、投資金額が増えた「ITエンジニア」は前年比横ばいという結果になりました。

夏のボーナス平均支給額(業種別)
夏のボーナス平均支給額(職種別)

【景気回復が転職に影響?「ボーナスの金額次第で転職する人」の割合は?

「ボーナスの金額次第で転職を検討するか」という質問に対して、前年より11.6%多い、全体の52.3%が「検討する」と回答。また、この質問の2011年からの回答割合の推移を見ると、21.6%、32.1%、40.7%、そして今回52.3%と、年々、右上がりになっています。
「ボーナスの金額次第で転職を検討する人」は半数以上に上っています。このことは、もともと「転職を検討していた人」がより具体的な転職活動に移るきっかけになり、また「転職を検討していなかった人」も、増額の期待とのギャップによっては、ボーナスが転職動機になることを示しています。今年は例年以上に「ボーナス支給」を契機に転職活動を始める人が多くなりそうです。

ボーナスの金額次第で転職を検討する人の割合/昨年より何%減ったら転職する?

「ボーナスの金額次第で転職する人」が多い業種・職種は?

次に「ボーナスの金額次第で転職を検討するか」という質問に対して、「検討する」と回答した人の割合を業種別・職種別でみてみましょう。業種別で最も高かったのは「サービス」で57.4%、「小売/外食」で55.8%、「メディア」で56.6%と続きます。職種別では「ITエンジニア」で61.0%、「モノづくりエンジニア」と「企画・管理系」が56.0%となりました。
これらの回答率の高い業種・職種は、人手不足により企業の採用熱が高まっている売り手市場の業界・業種とほぼ合致しています。ボーナスをきっかけにビジネスパーソンが転職を検討するという傾向は従前からあるものの、ボーナスの増減や金額だけではなく、転職マーケットの動向で「転職を検討するかどうか」を変化させるようです。

【ボーナスの金額次第で転職を検討する人の割合(業種別)】
【ボーナスの金額次第で転職を検討する人の割合(職種別)】

調査概要

22〜39歳のビジネスパーソン4,000人に、2014年夏のボーナス予想額をアンケート調査しました。景気回復でボーナスアップへの期待が高まる中、大幅増が予想される業界、職種はどこでしょうか?さらに、ボーナスの金額次第で転職を検討するかを聞きました。

【対象者】22歳~39歳のホワイトカラー系職種の男女

【雇用形態】正社員

【調査手法】ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査

【実施期間】2014年3月27日 ~ 2014年3月31日

【有効回答数】4,000件

「自分は今、転職すべき?」あなたの悩みを転職のプロに相談!
エージェントサービスに申し込む(無料)
あなたのキャリアをもとに、「適正年収を」無料で診断
適正年収を診断する
このエントリーをはてなブックマークに追加