スマートフォン版で表示

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日:2014年4月7日

タグ:
仕事・キャリアの悩み市場価値

結婚・出産後のキャリアの価値が高いのは、専門性?汎用性?

リサーチの仕事をしています。今、統計やマーケティングの分野が注目されていることもあるので、今後もこの職種の専門性を極めていきたいと思っています。ただ今後、出産も考えていて、キャリアにブランクができたり、時間的な制限ができた時にも、価値の高い人材として働くためには、特定の領域に絞らずに、マネジメント経験など、汎用的なスキルを身につけておくべきでしょうか。

(29歳/未婚)

どちらか一方だけでは不十分

リサーチや統計、マーケティングは、まさに今注目されており、今後も採用のニーズが高まる分野でしょう。この分野で深い専門知識を磨くのは決してマイナスではないはずです。ただし現在は、会計士や税理士などの難関資格の取得者でさえ、就職先が十分ではない状況。こういう現状からも、単に特定の専門知識がある、ということだけでなく、ビジネスパーソンとしてのスキルや、過去の実績などと合わせて、キャリアの価値が判断されていると言えます。

専門知識がマイナス要因になることはありませんが、それさえあれば良いということではなく、マネジメントスキルやコミュニケーション能力、成果にコミットする意思など、ビジネスの場で必要な力は身につけておかなければなりません。

また、専門知識を突き詰める時に注意しなければならないのは、その将来性です。リサーチであれば問題ないと思いますが、例えば特定の技術などの場合、その技術が10年、20年後も残っているのかによって、キャリアの価値が変わってきます。もしその技術が10年後には使われなくなっていたら、その専門性も活用できません。

専門性とビジネススキルがあれば、キャリアの市場価値は高いので、出産した後も活躍できるはずです。将来性も見極めながら、両方を身につけていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

仕事・キャリアの悩みのQ&Aを見る

市場価値のQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウト登録もこちら

会員登録済みの方はこちら

参加者1,000人突破!はたらく女性向けイベントWoman's Careere Meetingに参加しませんか?
あなたらしいキャリアを診断してみませんか? キャリアタイプ診断
女性に人気の企業からあなたの転職の可能性を診断します 合格診断
年収査定 3分で分かる、あなたの適正年収

<PR>

ワタシの“働く”を楽しくする ファンタブル funtable 未経験から事務にチャレンジ

キャリアを活かして時短で働く FlexibleCAREER

育休中の不安を自信に変える パーソルグループが提供する育休中ママのためのボランティアマッチングサービス mama VOLUN