スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:2020年8月7日

タグ:
仕事・キャリアの悩み結婚・出産

妊娠中で仕事が思うようにこなせず今後のキャリア停滞が不安

管理職として責任のある仕事を任され、やりがいを感じていますが、現在妊娠中のため、なかなか思うように仕事をこなせないもどかしさがあります。また、この先の産休・育休によるキャリアの停滞期への漠然とした不安をぬぐえません。個人的には育休や時短勤務をむしろチャンスと捉え、知識のブラッシュアップやキャリアアップを図って復帰後さらにバリバリと働きたいと考えているのですが、現実は厳しいのかも…と弱気になります。

(35歳/サービス・リテール営業/既婚・妊娠中)

キャリアアドバイザーのA.をまとめると

回答したキャリアアドバイザーはこちら

時田絵里奈
国家資格 2級キャリアコンサルティング技能士
国家資格 キャリアコンサルタント
FP3級

新卒で当社に入社。IT領域の派遣営業を経て、2011年よりキャリアアドバイザーとして従事。IT業界の職種を中心に幅広く転職サポート、これまでに3,000人以上のキャリアカウンセリングを担当。
2016年に長男を出産。自身もワーキングマザーであることから、働き方を変えたい、ワーク・ライフ・バランスを改善したい女性の転職サポートに強みを持つ。

妊娠・出産にともなうキャリア停滞は多くの女性が抱える悩み

妊娠・出産でキャリアが停滞することへの不安は、実際に経験している・いないにかかわらず、多くの女性が抱えています。「今のままの自分でよいのか?」「育児と仕事の両立はやはり難しいのでは?」といった、働き方や生き方に関する漠然とした悩みに苦しめられるのは、つらいですよね。

不安を和らげる方法を考えてみる

仮に、会社の育児支援制度が充実していて手厚いサポートがあり、上司や同僚が協力的だとしても、その不安を完全に消すことは難しいでしょう。ですから、不安をなくそうとするよりも、少しでも和らげる方法を考えることが現実的です。

キャリアの停滞に不安を覚えるのは受け入れたうえで、これから説明するように、長期的な目で今後の過ごし方を考えてみてはいかがでしょう。

育休は今後のキャリアを考えるための充電期間と捉えましょう

与えられた仕事に対して本質的な目的を見つけ、どのように行動をすれば成果が得られるか考えて実行できる人や、新しい価値の提案ができる人、自分自身のスキルを常にブラッシュアップして将来に備えられる人は、会社にとって貴重な存在です。

このような人材になるために、産休中や育休中、あるいは時短勤務期間に自分のキャリアを俯瞰してみることで、進むべき道が開けてくるかもしれません。

その点、質問者のように育休や時短勤務を「チャンス」と考えることはとてもすばらしいと思います。私自身、約1年間の産休・育休を経て復職しましたが、休職期間はそれまで目まぐるしく過ごしてきた歳月を振り返り、今後ビジネスパーソンとしてどうありたいかをじっくりと考える良い機会になりました。

キャリアはいったん休憩という形になりますが、この先、子育てと両立しながら、より高いモチベーションを持って主体的にキャリアを積んでいくための充電期間という捉え方もできるのではないでしょうか。

育休中にできるキャリアアップを考える

育休中は多くの時間を子どもの世話に費やすことになりますが、過ごし方次第ではキャリアにプラスとなり得ます。この期間を有意義なものにするために、まずはキャリアの棚卸しをしてみることをおすすめします。

これまでのキャリアを振り返って、どのくらい成長したか、これから仕事を通してどんな自分になりたいのかなど、今の自分の正直な気持ちに耳を傾けてみましょう。

仕事をしていると目の前の業務に追われ、これまでの自分を振り返る余裕がなかったかもしれません。ですが、まとまった時間が取れる育休中は自分と真正面から向き合うことができ、今後の方向性をじっくり考えられるはずです。

妊娠中 仕事

目指すべき方向性がはっきりしたら、今の自分とのギャップもおのずと明らかになります。業務に関連する知識のブラッシュアップをしたり、普段であればなかなか時間が割けない分野に足を踏み入れてみたり、資格の取得を目指したりするのもよいでしょう。

子どもがいても受講できるオンライン形式のセミナーやビジネススクールもたくさんありますから、この機会に積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

新たなキャリアプランに向けた情報収集をする

子育ては乳幼児期だけでなく復職後も長く続きますから、長期的な視点でキャリアプランを立てることが大切です。そこで、子どもが生まれて環境が変化するのを機に、新たなキャリアプランの検討に向けた情報収集をすることもおすすめします。

最近では、育児中の女性を対象としたキャリア支援プログラムも充実していて、子連れで参加できるセミナーや交流会も多くあります。同じような立場で悩みや不安を抱えながらも前向きにキャリアを模索する人たちとの交流や情報交換を通じて、自分が歩んできたキャリアとはまったく違う働き方や生き方があることを知れば、仕事に対してこれまでとは違う価値観が生まれたり、新たなキャリアプランのヒントが見つかったりするかもしれません。

私自身も育児と仕事の両立に対して非常に不安でしたが、同じようにさまざまな方の両立についての悩みを聞き、ワーキングマザーのキャリア支援に目を向けるようになりました。

パラレルキャリアで女性の働き方が多様化できる

キャリアの停滞に対する漠然とした不安への対応策として「パラレルキャリア」という働き方が注目されています。妊娠中や出産後も仕事を続ける女性が増え、働き方が多様化しているいま、「同じ組織で決められた仕事を続けることだけが選択肢ではない」という視点を持つことは、将来への不安を和らげる安心材料の一つになるのではないでしょうか。

自分の好きなこと・やりたいことをしながら新たなキャリアを歩める「パラレルキャリア」というキーワードを、ぜひ押さえておきましょう。

パラレルキャリアとは?

パラレルキャリアとは「本業とは別に、もう一つのキャリアを築くこと」という意味で、この言葉を生んだのは、『マネジメント』などの著作で有名な経営学者、ピーター・ドラッカーです。ここでいう本業以外のキャリアとは社外活動全般を指し、いわゆる「副業」で収入を得ることだけに限定されるものではありません。

例えば、社外で音楽活動をする、ボランティアをする、趣味を活かしてブログを立ち上げるなどもパラレルキャリアに含まれます。

パラレルキャリアの醍醐味は、スキルアップや夢の実現などで社外活動と本業がなんらかの形で結びついたり、社外の人との関わりが構築できたりすることでしょう。もちろん、自分が挑戦したいことや人から必要とされることをしながら新たなキャリアを形成できるのは言うまでもありません。

このような魅力から、妊娠や出産などのライフステージの変化によりキャリアが停滞したり断絶したりすることへの不安を抱える女性にとって、パラレルキャリアが新しい働き方として注目されているのです。

育休中にパラレルキャリアに挑戦

職場に復帰すると仕事と育児の時間に追われてしまうので、育休中はパラレルキャリアに挑戦する絶好の機会といえます。まずは小さな一歩として、いつかやりたいと考えてきたことに手を伸ばしてみるのもよいでしょう。

パラレルキャリアの主なメリットは、先述したとおり現職に活かせることに加えて、視野が広がる、さまざまな可能性を知ることで固定観念にとらわれることが減って精神的に楽になることなどです。今すぐ成果を出す必要はありませんから、育児の合間を見つけて気軽に挑戦し、ゆるやかにスキルや経験を積んで「第2のキャリア」にしてみてはいかがでしょうか。

ただし、就業規則で育休中の副業を禁止している会社もあるほか、副業による収入が給与や育児休業給付金と合わせて休業前の給料の80%を超えると給付金額の調整が行われますから、注意が必要です。

あなたの志向や能力を診断できて、可能性が広がる!
キャリアタイプ診断を受ける
子育てをしやすい環境の求人を見てみよう!
求人特集を見る
あなたの疑問や不安に転職のプロがお答え。さっそく相談してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

仕事・キャリアの悩みのQ&Aを見る

結婚・出産のQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウト登録もこちら

会員登録済みの方はこちら

生き方・キャリア
に悩む女性のためのモヤモヤ解消プロジェクト Woman Carrer × ディグラム・ラボ
あなたらしいキャリアを診断してみませんか? キャリアタイプ診断
女性に人気の企業からあなたの転職の可能性を診断します 合格診断
年収査定 3分で分かる、あなたの適正年収

<PR>

ワタシの“働く”を楽しくする ファンタブル funtable 未経験から事務にチャレンジ

キャリアを活かして時短で働く FlexibleCAREER