スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:2021年1月25日

タグ:
転職のタイミングよくある質問

大きな不満はないのですが、転職すべきかどうか悩んでいます

今の仕事にそれほど大きな不満はないのですが、このままずっと続けたいとは思っていません。退職を決断するようなこれといった大きな理由がないので、今、転職をすべきかどうかずっと悩み続けています。

(28歳/IT営業/未婚)

キャリアアドバイザーのA.をまとめると

回答したキャリアアドバイザーはこちら

石橋寿子(いしばし・ひさこ)
国家資格 キャリアコンサルタント

新卒で塾の運営会社へ入社。その後、英会話学校に転職し、約7年間、新規・既存顧客に対しカウンターセールスを担当。マネジメント経験を経て、当社に入社。現在、営業職・販売サービス職に従事している方々を中心に幅広く転職サポートを実施。
プライベートでは1児のママ。長期的なキャリアプラン、人生プランをともに考えるパートナーとなれるような提案を心がけている。

転職すべきか悩んだら、まずは一歩踏み出し活動を

転職 悩む

転職したことがない方は、転職活動そのものにハードルの高さを感じてしまいがちです。「今の仕事に大きな不満がある」「ほかにやりたいことがある」「待遇を改善したい」など転職に踏み切る理由が明確で、今の会社を退職することを決断してからでないと転職活動をしないほうがよいのではないか、と悩まれている方は多くいらっしゃいます。

しかし質問者のように、今の仕事をずっと続けたいわけではないなど、仕事へのモヤモヤを抱えているだけの状態で相談にいらっしゃる転職希望者も多いのです。「なにか違う」「モヤモヤしている」といった感情から、キャリアにとって大切な軸が見つかることもあります。

転職活動を通じて気づくことがあるはず

現状にモヤモヤとした不安や疑問を持っている方におすすめなのが、まず転職活動を始めてみること。転職活動を始めたからといって、絶対に今の会社を退職し、転職しなければならないわけではありません。仮にご縁があって内定がもらえたら、そのときに転職すべきか、今の会社にとどまるべきか決断すればいいのです。

自分の頭の中でどうしようと悩んでいるだけでは何も答えは出ませんし、前にも進みません。転職活動の中で自分のキャリアを振り返ったり、今後やりたいことを考えたりする中で、これまで気づかなかったことが見えてくることもあります。

どんな企業であれば書類選考や面接を通過するか、という自分の市場価値も実感できますし、面接で評価されやすいポイントが分かれば、企業の視点から自分のスキルや経験を評価できるようになるでしょう。

また、自分のキャリアの価値観も見えてくるはずです。「今はこれといった大きな理由はない」とのことですが、現職をほかの企業と比較できるようになることで、今の仕事のよい点・わるい点にも気づけるのではないでしょうか。

それでも転職活動に抵抗があるようなら、転職経験者の話を聞いたり、キャリアに関するセミナーに参加してみてはいかがでしょうか。さまざまなインプットやアウトプットをする中で、気持ちを整理していけばよいと思います。いろいろと考えた結果、今の会社が一番よいということであれば、それはそれで貴重な気づきになるでしょう。転職をするにせよしないにせよ、前向きに選択できることに越したことはありません。

第一歩は自己分析から

質問者は今、「絶対に転職したい」という理由がないために、転職するかどうか迷っていると思います。「自分はなぜ転職がしたいのか?」「なぜその思いを長年持っているのか?」という部分を明らかにすれば、今抱えているモヤモヤしたものがはっきりするかもしれません。そのためにも、第一歩である自己分析からスタートしてみてはいかがでしょうか。

自分が今までどんな価値観を持って物事を判断してきたのか、今後仕事に何を求め、どうなっていきたいのかを言語化してみましょう。具体的に紙に書き出すなど可視化すると、頭の整理がしやすくなります。

一人で考えるのが難しいのであれば、手軽にキャリアの志向性を診断できるキャリアタイプ診断や、私たちdodaキャリアアドバイザーとのカウンセリングを利用してみてください。自分でも気づけていなかった感情や価値観が見つかることもあります。

ICQキャリアタイプ診断 | 転職ならdoda(デューダ)

転職すべきでないケースとは

質問者は、今の仕事をずっと続けたくない理由にこれといったものが思い浮かばないようですが、自己分析の結果や置かれている環境次第では、転職の決断を急がないほうがよい場合もあります。もちろん、転職してはいけないというわけではありませんが、思いどおりに転職活動が進まない可能性が高いパターンを見てみましょう。

希望条件と市場価値にギャップがある

自分の希望と転職市場での市場価値にギャップがあるケースです。自分が思っている以上に現職の環境が恵まれていて、今よりよい、あるいは同じ条件での転職が難しいと考えられる場合には、今の会社に残るのがよいと思います。

とはいえ、決して後ろ向きにはならないでください。今の会社に市場価値以上の評価をしてもらっていると捉えることもできるからです。ですから、どうしても環境を変えたい場合には、転職ではなく部署異動を検討してみてはいかがでしょうか。

周りに流されて転職を意識し始めた

人それぞれ仕事において大事にしたいことが違うからこそ、会社を辞めるのにも次の会社を選ぶのにも自分なりの決断軸が必要です。自分の考えが整理されていないうちに、「友人や同僚が転職に成功したから」「入社後数年で転職する人もいるから」など周囲の影響を受け、漠然と「自分も転職してみようかな」と思っているだけの場合には、あまり転職をおすすめできません。

ただ、転職するという決心がつかなくても、転職活動を始めることには意味があると思います。今の会社以上に自分の希望がかなえられる働き方があるか、自分の経験やスキルは市場でどのくらい通用するかなど、転職活動をすることによって初めて分かることもあるでしょう。

今の会社でやり残したことがある

「今の会社でまだできること、やりたいことがある」と感じている場合も、転職を先に延ばしたほうがよいかもしれません。自分のキャリアにとってプラスとなる経験が積める見込みがあるのであれば、そのキャリアを現職でしっかりと積んでから再度転職を考えてもよいでしょう。

内定が出たらどうする? 入社か辞退か判断するポイント

もし転職活動がうまくいって内定をもらえたとしましょう。ただ、そこで入社するか現職にとどまるか悩んでしまうこともあるかもしれません。最後に、その際にどうするかの判断ポイントについて見ていきます。

将来のキャリアプランにより近づけそうなのはどちらか

内定をもらっても迷いがある場合には、「2、3年後にどのような自分になっていたいか」を考えてみましょう。具体的なキャリアプランがあれば、現職を続けたほうがよいのか、転職したほうがよいのか見えてくると思います。

判断するときに頭に入れておいてほしいのは、転職をする場合、スキルや経験が身について十分な戦力になるまで、年収が現在より下がる可能性があるということ。

ただ、順調にステップアップしていけば年収もおのずと上がっていきますから、直近の年収よりは生涯年収で考えることが大切です。どちらが自分自身の市場価値と生涯年収を向上させるか考え、転職したほうがよいか決める材料にするとよいでしよう。

最終的な決断は自分がすることで納得できる

仮に周囲に相談したとしても、最後に決断するのは自分自身です。社会全体の景況感や会社の経営状況も変わりますから、どんな選択をしてもキャリアプランどおりに進むかどうかは分かりません。

以前に比べ、転職を経験したことがある人は増えてきています。周りには転職に成功したという人も失敗したという人もいるでしょう。だからこそ、自分が一番納得する決断をして、その決断を「正解」だったと思えるために努力することが、後悔のない選択をするために一番必要な考え方だと思います。

あなたの志向や能力を診断できて、可能性が広がる!
キャリアタイプ診断を受ける
未経験歓迎の求人を見てみよう!
求人特集を見る
あなたの疑問や不安に転職のプロがお答え。さっそく相談してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

転職のタイミングのQ&Aを見る

よくある質問のQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?