スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:2020年7月20日

タグ:
仕事・キャリアの悩み強み・自己PR

自分の強みやアピールポイントが分からない

営業職として勤めている今の会社は、スピード感と業績主義的な社風があり、絶えず自己成長を求められる環境です。しかし私の現状はというと、日々の業務に追われ、業績の数値推移を見ていくだけで精いっぱい。上司は「会社が求める目標値についてきているから大丈夫だ」と言いますが、この先の自分をイメージできず、日々、悶々としています。転職も考えてみるものの、アピールポイントがぼやけていて、一歩踏み込めません。

(35歳/金融・営業/既婚・子どもあり)

キャリアアドバイザーのA.をまとめると

回答したキャリアアドバイザーはこちら

時田絵里奈
国家資格 2級キャリアコンサルティング技能士
国家資格 キャリアコンサルタント
FP3級

新卒で当社に入社。IT領域の派遣営業を経て、2011年よりキャリアアドバイザーとして従事。IT業界の職種を中心に幅広く転職サポート、これまでに3,000人以上のキャリアカウンセリングを担当。
2016年に長男を出産。自身もワーキングマザーであることから、働き方を変えたい、ワーク・ライフ・バランスを改善したい女性の転職サポートに強みを持つ。

自分の強みが分からない人は多い

転職活動を進める上で自分の強みやアピールポイントが分からないという声は多く聞かれます。誰にでも何かしらの強みはあるはずですが、それをご自身で見つけられない原因として3つのことが考えられます。

1つ目は、強みに気づかないケースです。自分にとって得意なことや好きなことは強みにつながりますが、簡単にできてしまうため、客観的に見れば大きな強みであるにもかかわらず、見逃されてしまうことがあります。

2つ目は、控えめな性格のために自分の長所を強みとして認められないケースです。日本人にはよく見られることで、弱みや短所は次から次へと出てくるのに、自分の強みをアピールすることには抵抗を感じてしまう傾向があるようです。

3つ目は、転職活動でアピールできる「強み」を、確固たるスキルや特別な能力、あるいは、ずば抜けた才能のみであると捉えてしまうケースです。他人にはない特別な才能を自分の中に探さなければと考えてしまい、その結果、自分の強みが分からなくなってしまうことがあります。

「強み」には2つの種類がある

強みは、自分自身の「長所」と、資格や会社からの評価による「スキル・実績」の2つに分けることができます。

「長所」とは、協調性・責任感・コミュニケーション能力など、自分自身の性格面に相当します。ほかにも、がまん強いことや素直であることなども強みとしてアピールしやすい資質です。ただし、これらは主観的な部分が多く、能力が高いことの証拠を示すのは難しいため、具体的なエピソードや仕事での経験を踏まえて説明する必要があります。

もうひとつの「スキル・実績」とは、例えば語学に関する資格を持っていることや、ITに関する専門知識を有している、優秀な営業成績で会社から表彰された経験があるなどです。これらは提示できる根拠があるため、アピールしやすい強みになります。

自分の強みやアピールポイントを整理してみましょう

「強み=大きな実績や際立った特技」と考えられることがありますが、決してそれだけではありません。1週間、あるいは1日単位で課題や目標をどうクリアしてきたか、その過程における自分なりの工夫や成功の積み重ねもアピールポイントになります。そう考えると、身構えることなく強みを挙げていけるのではないでしょうか。

質問者は「自己成長の実感や今後のキャリアのイメージが得られない」とのことですが、スピード感のある職場で目標値をきちんとクリアできていること自体、とても素晴らしいことです。上司が言うように、スキルや経験は着実に身についているのではないでしょうか。自分では気づいていないだけかもしれません。

前職と比較して、できるようになったこと、まだできていないことを改めて整理してみると、成長の度合いが客観的に見えてくるはずです。

自分の強みやアピールポイントを見つける方法

自分の強みやアピールポイントを見つけて転職活動をスムーズに進めるために、まずは自己分析を行います。自己分析は、これまで取り組んできた仕事内容を振り返り、課題や目標設定から結果を出すまでのプロセスや、その際に自分がどのように感じたかなどを洗い出すことです。

どんなときに仕事への情熱が湧いたのか、困難な状況をどのように乗り越えたのか、目標の達成に向けてどのような戦略を立てて、どんなふうに努力をしたのかなど具体的に書き出すことで、自分の強みやアピールポイントが明確になります。例えば、あなたにとっては「当たり前」に達成した目標でも、分解してみると、その中に立派な強みになり得る要素が見つかるかもしれません。

自己分析

また、弱みを強みに転換するという方法で自分の強みを見つけることもできます。例えば、頑固な性格は「意志が強い」という長所になりますし、雑なところがある人は「おおらかで小さいことを必要以上に気にしない性格」ともいえます。ほかにも、自己中心的な面は「ペースを乱さずに仕事に取り組める」、要領が悪いことは「一つひとつの作業がていねい」と言い換えられます。

弱みは強みの裏返しともいえますので、とくに控えめな性格の人はこの方法で自分の強みを探してみるとよいでしょう。

仕事に追われる働き方を変えてみては?

ここまでは、強みやアピールポイントを見つけるための視点で説明してきましたが、それでも解決できない人もいるかもしれません。忙しくて目標が立てられず、その結果として「何も身についていない」と感じられているのかもしれません。

日々の仕事に追われて自分の時間が取れず成長した未来の姿をイメージできないのであれば、仕事に追われる働き方そのものを変えられるように、できるところから始めてみてはいかがでしょうか。

そのためにも、まずは転職を考える前に一度、上司ときちんとコミュニケーションを図ることをお勧めします。あなたがこの先のキャリアをどのように描いていて、それに対して今どんな不安を感じているのか、ご自身の思いを率直に伝えてみましょう。考えを言葉に出して互いに確認し合うことで、状況が打開されるケースも多くあります。

なぜ仕事に追われるのか

そもそも、なぜ仕事に追われるのか考えてみましょう。同じ仕事量をこなしていても、ストレスを感じずプライベートを楽しんで充実している人もいれば、いつも仕事に追われてしまう人もいます。仕事に追われると精神的に追い込まれ、結果としてミスが増えるという負のスパイラルに陥ってしまうかもしれません。

仕事に追われてしまう原因はさまざまですが、求められている以上に仕事をきちんと仕上げようとして作業に多くの時間がかかってしまう完璧主義の傾向がある人や、自分の力量を越えた仕事を断れずになんでも引き受けてしまう人はとくに注意が必要です。

仕事に追われなくなる方法

自分のための時間を確保し、日々の業務に追われる状況を解消するためには、まず仕事に対する取り組み方を変えてみるとよいでしょう。

もっとも重要なのは計画を立てることです。仕事を受けたらやみくもにスタートするのではなく、進め方や期限の確定といった準備に時間を割いて、できれば書き出しながら計画を立てるようにしましょう。見通しをはっきりさせることで、ほかの仕事が急に入ったときにも慌てず、自分で仕事をコントロールできるようになります。

次に、仕事の優先順位をつけることも大切です。進めている仕事の緊急性・重要性を整理し、優先順位の高いものから取り組むことで、余裕のある対応が可能になるでしょう。ほかの用件で手いっぱいの状況で仕事を頼まれたら、理由を伝えてスケジュールの相談をしたり、断ったりすることも必要です。もちろん勇気がいることですが、仕事に優先順位を振っておくことで、その優先順位をベースに調整が可能になるかもしれません。

ただ、仕事の段取りに工夫を重ねたり、業務量の調整を上司に相談したりしてみても、仕事に追われる状況が打開できないのであれば、転職も視野に環境を大きく変えるのも選択肢の一つになるでしょう。

あなたの志向や能力を診断できて、可能性が広がる!
キャリアタイプ診断を受ける
あなたの「アピールポイント」を発見できて、面接や書類作成で役立つ!
自己PR診断を受ける
あなたの疑問や不安に転職のプロがお答え。さっそく相談してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

仕事・キャリアの悩みのQ&Aを見る

強み・自己PRのQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウト登録もこちら

会員登録済みの方はこちら

生き方・キャリア
に悩む女性のためのモヤモヤ解消プロジェクト Woman Carrer × ディグラム・ラボ
あなたらしいキャリアを診断してみませんか? キャリアタイプ診断
女性に人気の企業からあなたの転職の可能性を診断します 合格診断
年収査定 3分で分かる、あなたの適正年収

<PR>

ワタシの“働く”を楽しくする ファンタブル funtable 未経験から事務にチャレンジ

キャリアを活かして時短で働く FlexibleCAREER