スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日:2016年6月13日

タグ:
企業・職種の選び方キャリアアップ

女性が活躍できる会社を選ぶには?

私はキャリア志向が強く、今後転職する先でもバリバリと働きたいと考えています。女性が活躍できる会社を選ぶには、面接の際にどのようなことを確認しておくべきでしょうか?

(30歳/広告・企画/未婚)

「女性活躍」は主観に左右されがち。ファクトで確認することが大切

ここ数年、「女性活躍」という言葉は広く使われるようになってきましたが、具体的にそれが何を指しているのかは、個々の業界や企業、部門によってまちまちです。主観に左右されることも多く、本当に「女性が活躍できる会社」かどうかを見極めることは、難しいのが現状です。

その点を踏まえて、面接で尋ねるのであれば、主観に左右されにくい「ファクト」つまり事実や実績について質問することをおすすめします。例えば「組織の男女比率」はその一つで、男女比率がほぼ同じか、もしくは女性の方が多い会社は、女性が活躍しやすい環境が比較的整っていると考えられます。逆に、女性が極端に少ない会社や職場の場合、女性活躍の“先例”がないことが、先々何かにつけてハードルになる恐れがあります。このほかにも、ファクトの要素としては、「女性管理職の割合」「育休後の復帰率」などが挙げられます。

ただし、質問の仕方には慎重さが必要です。何の前置きもなく「育休後は元の部署に戻れますか?」と尋ねてしまうと、唐突に受け取られたり、自分の都合ばかり考えていると誤解されかねません。それを避けるためにも、「長く働きたいので確認したいのですが」のように、きちんと意欲が伝わるような前置きをすると良いでしょう。また、2016年4月に女性活躍推進法が施行され、従業員数が301人以上の企業には前述の「男女比率」や「女性管理職の割合」などの現状と目標数値の公表が義務付けられました。企業のホームページに公表されている場合もあるので、確かめてみるのもよいかもしれません。また、ホームページやネットに掲載されている経営者インタビューなどにもあらかじめ目を通し、その会社が女性活躍推進法やダイバーシティに対してどのようなスタンスなのかを確認しておくことも大切です。そのうえで、「差支えなければ具体的な取り組みを教えていただけますか?」と尋ねてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

企業・職種の選び方のQ&Aを見る

キャリアアップのQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウト登録もこちら

会員登録済みの方はこちら

参加者1,000人突破!はたらく女性向けイベントWoman's Careere Meetingに参加しませんか?
あなたらしいキャリアを診断してみませんか? キャリアタイプ診断
女性に人気の企業からあなたの転職の可能性を診断します 合格診断
年収査定 3分で分かる、あなたの適正年収

<PR>

ワタシの“働く”を楽しくする ファンタブル funtable 未経験から事務にチャレンジ

キャリアを活かして時短で働く FlexibleCAREER

育休中の不安を自信に変える パーソルグループが提供する育休中ママのためのボランティアマッチングサービス mama VOLUN