スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日:2014年11月10日

タグ:
仕事・キャリアの悩み育児

子育てをしながら働くロールモデルが社内にいないことが不安

今の職場は、業界的に女性社員が少なく、ロールモデルとなるような先輩社員がいません。時短勤務など、出産後も仕事を続けるための制度はあるのですが、身近に制度を利用する人がいないため、仮に時短勤務をした場合にどのくらい評価を得られるのか、仕事と家庭はどう両立させていくのか、見当がつかない状況です。この先の結婚・出産などを考えると、このまま働き続けていけるか不安です。

(27歳/化学メーカー・技術職/未婚)

社外にも視野を広げると同時に、上司と話し合いの機会を

「身近にロールモデルがいない」という悩みを抱える女性は少なくありません。「結婚・出産しても働く」という選択肢が世の中に定着してきたのはここ数年のことであり、モデルとなる先輩の数が限られているのは、ある意味当然のことかもしれません。特に技術職など、もともと女性の数が少ない職場ではその傾向が顕著です。

ロールモデルを社内で見つけることが難しいのであれば、ぜひ社外に目を向けてください。同年代の多くの女性が同じような悩みを抱え、試行錯誤しながら仕事と育児を両立しています。例えば取引先や友人・知人の勤務先など、ほかの企業では育児中の女性が実際にどのように働いているのか、積極的に情報やアイデアを集めることが大切です。社内外を問わず、広く女性同士のつながりを構築しておくことは、悩みを共有し合い、解決へのヒントを得るのに大いに役立つはずです。

また、現在抱えている不安を上司や人事にきちんと伝えてコミュニケーションを取ることも必要です。時短勤務中の評価制度はどうなっているのか、一定の評価を得るにはどのぐらいのレベルを維持しなければならないのか、疑問や不安を率直に言葉に出し、確認してみましょう。時短勤務中は、仕事の「量」では勝負できないかもしれませんが、時間内で成果を出す工夫を重ねるなど、「質」を追求することによって、評価が上がることもあると思います。時短勤務であってもベストを尽くしたいという意思表示をした上で、それに対する上司や企業側の考えを確認し、交渉していくことも大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

仕事・キャリアの悩みのQ&Aを見る

育児のQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウト登録もこちら

会員登録済みの方はこちら

参加者1,000人突破!はたらく女性向けイベントWoman's Careere Meetingに参加しませんか?
あなたらしいキャリアを診断してみませんか? キャリアタイプ診断
女性に人気の企業からあなたの転職の可能性を診断します 合格診断
年収査定 3分で分かる、あなたの適正年収

<PR>

ワタシの“働く”を楽しくする ファンタブル funtable 未経験から事務にチャレンジ

キャリアを活かして時短で働く FlexibleCAREER

育休中の不安を自信に変える パーソルグループが提供する育休中ママのためのボランティアマッチングサービス mama VOLUN