スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:2020年12月14日

タグ:
仕事・キャリアの悩み市場価値

ポータブルスキルの身につけ方が分からない

今と違う仕事に就きたいのですが、自分の専門である建築分野以外の業務経験や知識がまったくないため、できることの狭さがマイナスに評価されそうで不安です。英語の読み書きなら多少できますが、それも武器にできるほどの自信はありません。この先、どんなポータブルスキルをどのように身につけていけばよいでしょうか。

(27歳/建築・専門職/未婚)

キャリアアドバイザーのA.をまとめると

回答したキャリアアドバイザーはこちら

石橋寿子(いしばし・ひさこ)
国家資格 キャリアコンサルタント

新卒で塾の運営会社へ入社。その後、英会話学校に転職し、約7年間、新規・既存顧客に対しカウンターセールスを担当。マネジメント経験を経て、当社に入社。現在、営業職・販売サービス職に従事している方々を中心に幅広く転職サポートを実施。
プライベートでは1児のママ。長期的なキャリアプラン、人生プランをともに考えるパートナーとなれるような提案を心がけている。

希望のキャリアを明確にし、必要なスキルが何か考えてみましょう

特定の業種や職種で通用するスキルを専門スキルと言いますが、それに対して、幅広い業種や職種で通用するスキルをポータブルスキル(持ち運びできるスキル)と呼びます。例えば語学力やプロジェクトマネジメント力などがそれに当たり、ビジネス英語を学ぶ、業務でプロジェクトの進捗管理役を務めるなど、さまざまな方法で身につけることができます。

身につけるべきポータブルスキルと、身につける方法が分からないとのお悩みですが、ポータブルスキルの習得を考える前に、まずは将来のキャリアプランを明確にすることをおすすめします。

やみくもにスキルをつけなければ、と焦るのではなく、自分が目指したい職種、やりたい仕事に必要なスキルは何なのかから逆算したうえで、そのスキルを身につけられるような経験を積んでいきましょう。例えば、営業職にチャレンジしたいなら提案力、交渉力が必要な案件に手を挙げるなども一つの方法です。

専門スキルに特化していることで自分の可能性が狭まるように感じられるときもあるかもしれませんが、さまざまな人が集まり、それぞれの働きを通じて成果となる企業で働く以上、その専門性が重宝されることは間違いありません。逆に「自分には専門性がない…」と悩む人もたくさんいます。

なぜなら、年齢が上がるにつれ、年齢相応の専門スキルを求められることが多く、ポータブルスキルを持っているだけでは、業種や職種を変えて転職することが難しい場合もあるからです。

ポータブルスキルと専門スキルは相反するように聞こえますが、その両方を持ち、使いこなせることが大切であり、それによって自身のキャリアの可能性が広がります。まずは自分の目指すべきキャリアをある程度定め、そこから自分に必要な経験やスキルが何なのか考えてみましょう。

身につけるべきスキルに迷ったら、キャリアアドバイザーに相談を

キャリアプランの明確化、希望の業種・職種で必要なスキルの情報収集をあわせて行い、その上で、あなたに合ったポータブルスキルを習得してはいかがでしょうか。

キャリアプランの立て方に迷う場合や、身につけるべきスキルをより詳しく知りたい場合は、転職・キャリアのプロであるdodaキャリアアドバイザーにぜひ一度ご相談ください。キャリアプランに沿った転職活動の方針が立てやすくなるように、個別にアドバイスさせていただきます。

ポータブルスキルとは何か

ポータブルスキル

ここで、ポータブルスキルの定義について詳しく確認しておきましょう。

厚生労働省が平成26年度に実施した「“ポータブルスキル”活用研修」では、ポータブルスキルを「専門技術・専門知識」「仕事のしかた」「人との関わり方」の3つで構成されると定義しています。

これらのうち「専門技術・専門知識」は一般的に専門スキルと言われていますが、厚生労働省のフレームワーク上では、個別企業内だけではなく、ほかの企業でも活かせる専門的な技術のことを指し、ポータブルスキルの土台に当たると位置づけられています。

ミドル層のキャリアチェンジにおける支援技法(厚生労働省)

「仕事のしかた」や「人との関わり方」は、課題を設定して解決する課題解決力や、社内外の人との対応を円滑に行えるコミュニケーション力、後輩や部下を育てるマネジメント力など、業種や職種に関係なく活かせる持ち運びできるスキルに該当します。

一般的に転職を考える際には、これまでの業務で身につけた経験や専門スキルを活かして同業種・同職種の転職先を探すことが多いと思います。しかし、ポータブルスキルがあれば、業種や職種を広げて転職先を探せる可能性が高まるため、キャリアの選択肢を広げることができるかもしれません。

なぜポータブルスキルが重視されるのか

終身雇用が一般的だった以前の日本では、一度入社すると途中でほかの業界や企業に転職する人が少なかったため、ポータブルスキルがそれほど重要視されてきませんでした。ほかの企業では役に立たなくても、社内で役に立つスキルであれば十分で、ポータブルスキルという言葉自体を意識する必要がなかったからです。

しかし現在は、ITやロボットなどの技術進歩や企業合併などによって、自分が属する企業の業態が大きく変化することも珍しくありません。その変化に対応するため、近年は中途採用をする企業が増え、転職者数もそれに比例して増えてきました。

中途採用をする企業の中には、社内活性化のためにあえて異業種の人材を採用するところもありますし、新規事業立ち上げのために、専門スキルではなくポータブルスキルの評価に最も重きを置くケースも見られます。

また、最近では、さまざまな業種や職種の人が集まるプロジェクト形式の仕事が増えています。こういったさまざまな立場の人と進めていく仕事では、調整力やコミュニケーション力といったポータブルスキルが大切になってきます。

こういったことから、ポータブルスキルが身についていれば、未経験分野への転職の際もアピールがしやすくなります。

ポータブルスキルの具体例

次に、ポータブルスキルとは具体的にどういうスキルなのか、例を挙げます。

【課題設定力】
現在起こっている問題が何かを把握するために、情報収集・分析を行い、課題を設定するスキルです。得られた情報をもとに仮説を立て、あるべき姿とのギャップを埋めるために何がボトルネックになっているかを正確に抽出することが、適切な解決案の検討・実行へとつながっていきます。

【計画立案力】
設定した課題を達成するためのスケジュールや工程を立案するスキルです。同時に行うほかの業務や関係部署との調整も必要になりますから、先を見通す力や幅広い視野も必要になるでしょう。

【課題解決力】
課題を解決するための計画を予定どおりに遂行するスキルです。状況の変化にともなって関係各所とのスケジュール調整やトラブル対応の必要が生じることもありますから、臨機応変さも求められます。

【コミュニケーション力】
社内の各部署、上司や同僚などと業務を円滑に進めるために行動したり、取引先や顧客などと良好な関係を築いたりするスキルです。いくら自分だけ頑張っても、仕事はチームで行うものですから、周囲の協力なしにはよい結果は生まれません。

【マネジメント力】
後輩や部下の適性や能力に見合った教育・指導を行い、育成するスキルです。個人だけに目を向けるのではなく、チームマネジメントのスキルも同じく重要になります。

ポータブルスキルを身につけるために必要なこと

「ポータブルスキルを身につけよう」と意気込むことも大切ですが、まずは今までの仕事を振り返り、捉え直してみましょう。自分では汎用性がないと思っていた仕事を通じて、ポータブルスキルが身についていることに気づくかもしれません。

社会人としての基礎力ともいえるスケジュール管理、業務フロー設計などの技量は、どんな仕事でも身につけることができるスキルだと思います。その中でも、例えばスケジュール管理では、ただ単に期限を守ることだけではなく、業務の進行に合わせてそのつど最適な施策を講じることで生産性をさらに高め、期待を超える成果につなげることを意識するなど、何か一つ加えることで、より高いレベルのポータブルスキルとなるでしょう。

その上で、自分の目指す業界・職種の知識や情報を、常に幅広くインプットするよう心がけることが大切です。例えば、業界内で課題とされていることは何か、どんな企業が注目されているか、新たにリリースされる商品やサービスなど、新聞やWebで手軽に知ることができるものもたくさんあります。

これらの専門外の知識や情報が、キャリアの選択肢を広げるだけでなく、今の職場での新たな仕事につながる可能性もあるかもしれません。

あなたの志向や能力を診断できて、可能性が広がる!
キャリアタイプ診断を受ける
あなたの「アピールポイント」を発見できて、面接や書類作成で役立つ!
自己PR診断を受ける
あなたの疑問や不安に転職のプロがお答え。さっそく相談してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

仕事・キャリアの悩みのQ&Aを見る

市場価値のQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?