スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日:2015年3月2日

タグ:
企業・職種の選び方

「雇ってもらえるところ」優先の転職先選びになりそう

出産を機に正社員の法人営業として働いてきた会社を退職。出産後は、子育てをしながら別の会社で派遣社員として働いてきました。今の仕事を続けているうちに、以前のようにある程度の裁量を持って、自分の企画を提案するような仕事にもチャレンジしたいと思うようになってきました。ただ、子どもの保育園の関係で3カ月以内に転職先を探す必要があり、「自分が働きたい会社」よりも「雇ってもらえる会社」を優先することになるのでは…と悩んでいます。これからも長く働き続けたいと思っているので、やりたいことを軸に転職活動を始めたいのですが、期限もあるので焦ってしまいます。

(35歳/一般事務/既婚・子どもあり)

期間が限られていても、納得のいく転職をすることは可能

転職活動というのは、長い期間をかければ良いというものではありません。「もっと良い求人があるはず」と考え始めればきりがなく、延々と探し続けることにもなりかねないからです。むしろ限られた期間で集中して取り組んだ方が、納得のいく転職につながりやすいということもあります。応募書類の作成をはじめ、転職活動の一つひとつのステップは、集中して取り組めば決して長い時間かかるものではありません。実は3カ月というのは、活動期間としては十分と言えます。

また、そもそも中途採用というのは新卒採用と違って、企業によって募集のタイミングはまちまちで、すべての求人が一斉に出そろうことはありません。つまり転職をしようとする人は誰でも、限られた選択肢の中から転職先を探すことになるのです。大切なのは、「今ある選択肢の中でのベスト」を探すこと。相談者の場合は、ある程度やりたいことが明確になっているので、自分の軸をぶらさずに転職活動をすれば、納得できる企業がきっと見つかるはずです。

ただし、業界や職種によっては、中途採用の求人が増える時期というのはあるので、その時を狙ってまずは企業探しをしてみるという方法もあります。私たちdodaキャリアアドバイザーも、具体的な企業の動きをお伝えします。動く前に不安を感じるよりも、まずは希望をかなえられる企業がありそうか、求人探しを始めてみてはどうでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

企業・職種の選び方のQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウト登録もこちら

会員登録済みの方はこちら

参加者1,000人突破!はたらく女性向けイベントWoman's Careere Meetingに参加しませんか?
あなたらしいキャリアを診断してみませんか? キャリアタイプ診断
女性に人気の企業からあなたの転職の可能性を診断します 合格診断
年収査定 3分で分かる、あなたの適正年収

<PR>

ワタシの“働く”を楽しくする ファンタブル funtable 未経験から事務にチャレンジ

キャリアを活かして時短で働く FlexibleCAREER

育休中の不安を自信に変える パーソルグループが提供する育休中ママのためのボランティアマッチングサービス mama VOLUN