スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:2020年8月31日

タグ:
書類・面接のポイント強み・自己PR

応募書類で「自己PR」と「志望動機」をうまくつなげられない

新卒で保険会社に入社し、法人営業を担当してきました。営業としての経験の幅をもっと広げたいという思いが強まってきたことと、自分がより関心の持てる商材に携わりたいという気持ちもあり、広告業界の営業職への転職を希望しています。ただ、これまでとは業種が異なるため、培ってきた「強み」と、「志望動機」をうまくつなげて表現できません。何かコツはありますか。

(29歳/保険・法人営業/未婚)

キャリアアドバイザーのA.をまとめると

回答したキャリアアドバイザーはこちら

石橋寿子
国家資格 キャリアコンサルタント

新卒にて塾の会社へ入社。その後、英会話学校に転職し、約7年間、新規・既存顧客に対しカウンターセールスを担当。マネージメント経験を経て、当社に入社。現在、営業職・販売サービス職に従事している方々を中心に幅広く転職サポートを実施。
プライベートでは一児のママ。長期的なキャリアプラン、人生プランを共に考えるパートナーとなれるような提案を心がけている。

まずは自己PRと志望動機の違いを明確に

面接で採用担当者からよく聞かれるメインの質問は、「転職理由」「自己PR」「志望動機」です。質問者はそのうち、「自己PR」と「志望動機」をどうつなげればよいか悩んでいますね。転職を希望する業界が現職と異なると、シンプルに「今までのスキルや経験が活かせるから、御社を志望します」とは伝えられません。

まずは、自己PRと志望動機の違いを理解するところからはじめましょう。最初から2つをつなげることを意識するのではなく、自己PRと志望動機とを切り分けて考えてみることで、共通項が見えてきて、より納得感がある伝え方ができるようになります。

自己PRと志望動機

志望動機と自己pr

自己PRと志望動機は、それぞれ分かりやすく言うと「今までの経験からアピールしたいこと」と「なぜ他社ではなく、その会社で働きたいか」です。

もし新たな業種に直接的なつながりがなくても、転職をしたいと思うきっかけになった経験や、その経験を活かしたいと思う意志があれば、それも立派な自己PRと志望動機になり得ます。「今の職場で学ぶうちに興味が出て資格を取った」という人が、「資格を活かした仕事をしたい」という志望動機を持つのも往々にしてあることです。

自己PRと志望動機は、最初からどちらかに合わせて考えてしまうと似通った内容になってしまい、スムーズにつなげられません。まずは大まかに、「自己PR=自分の強みやアピールポイント」「志望動機=なぜその会社でその仕事をしたいのか」と線引きしましょう。

希望する仕事と経験の「共通点」を軸にアピールしましょう

希望する仕事とこれまでの経験に違いがあっても、身につけたスキルや経験から「共通点」を見いだせれば、それを軸にして採用担当者にアピールできます。質問者の場合、異業種ではあるものの、「営業職」という点では同じです。業種や商材は異なっていても、例えば、普段接する顧客企業の業種や規模などに共通する要素はありませんか。あるいは、新規開拓や既存顧客のフォローなど、営業スタイルに共通点はないでしょうか。

少しでも似ている要素や共通項があれば、その部分について、経験してきたこと、身につけてきたスキルなどを細かく振り返ってみます。転職先で活かせそうなスキルや強みや得意分野が見えてきたら、それらを志望理由と連動させていきましょう。

共通点を探すためには

共通点を探すためには、志望する企業の仕事内容をできるだけ詳しく知っておくことが必要です。どのような事業を展開し、どのような顧客を相手にしているのか、求人情報や企業のホームページを見たり、私たちキャリアアドバイザーに聞いたりするなど、可能な限り調べましょう。

その際、企業の経営ビジョンや実現しようとしていることなどもあわせて調べておくことが大切です。「ビジョンにどう共感したのか」「他社ではなく、なぜその企業なのか」という問いへの答えを自分の中に持っておくことで、異業種の企業でも、より明確な志望理由が書けるはずです。

それぞれの具体的な書き方

【自己PRの書き方】
自己PRは、「自分の経験・スキル・成果」をアピールし、採用担当者に自分の魅力を確認してもらうことが目的です。したがって、できるだけ具体的なエピソードを交えて、働く姿をイメージしてもらえるような書き方をします。

例えば保険営業をしている質問者の場合、「顧客のニーズに合わせてさまざまなプランを提供し、契約の実績を積み上げてきた」といったものです。また、ほかの人と比べて自分が長けている部分なども洗い出しておきましょう。上司や同僚からのフィードバックを参考にするのもよいかもしれません。

基本となる構成は以下のとおりです。

1. 今までの仕事で得られた成果・業績とそれを得るための工夫
2. 転職後に活かせる経験・スキル
3. 仕事に対する姿勢やこだわり

【志望動機の書き方】
志望動機では、「なぜ他社ではなく、その企業に入社したいのか・入社したら実現したいこと」を採用担当者にアピールします。

今回の質問者を例にすると、「顧客の要望に応えるプランニングの経験を重ねるうちに、営業職としてさらに幅広い課題解決ができる力を身に付けたいと思うようになった。」「広告業界はもともと興味もあったうえに、スピード感が早く裁量をもって活躍できると考えた。中でも御社は一つの手法に特化するのではなく、提案の幅が広く、一気通貫で担当できることから、早く成長でき、多様なスキルが身につけられそうなので、魅力に感じている。」などが考えられます。

応募先企業の特徴に絡めた応募理由や経営方針にマッチした目標を伝えると、採用担当者の気持ちを動かせる可能性が高まります。

応募先企業の魅力的に感じている部分と自身の転職理由とを結びつけて伝えるのがベストですが、もし難しいようなら、応募先企業がすでに課題として認識している事項から自分の力が活かせそうなものを探し出し、志望動機として取り入れましょう。こちらも、基本となる構成を記載します。

1. なぜその業界や事業に興味をもったのか。応募先企業の特徴や魅力的に思える部分
2. 他社ではなく、なぜ応募先企業に魅力を感じるのか。(応募先企業の特徴や魅力に思えるポイント)
3. 自分の経験がどう活かせそうか、どうなっていきたいか。

異業種に転職する際のポイント

異業種への転職を希望する応募者は、採用担当者に「どうして異業種なのにうちの会社を選んだのか?」「未経験だがどういった部分で貢献できるのか?」と疑問を持たれるケースが多いです。

したがって、書類選考を経て面接の機会を得るためには、採用担当者が持つ「どうして?」という疑問を解消できるだけの志望動機を考え、適切に伝えなければなりません。そこで、異業種に転職する際に押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

転職の目的を明確にする

異業種に転職するときは、転職をする目的を明確にして、できるだけ具体的にキャリアビジョンを伝えます。「なぜこの業種を受けたいのか」「なぜこの企業を受けたいのか」「入社したらどのように働きたいか」といった点について、共感を得られるように説明しましょう。

このとき、志望先企業に合わせた自分の経験やスキルをアピールすると、採用担当者に与える印象もよくなります。さらに、異業種への転職に際して勉強していることや取得した資格があれば伝え、仕事に対する真摯な態度や熱意を示しましょう。

職務経歴書を作成するときの留意点

異業種へ転職するときの職務経歴書では、これまでの実績や経験をアピールしつつ、応募する業種や職種と関連する部分も強調しなければなりません。実際に経験したことをそのまま書くだけではなく、転職先で活かせるスキルや今の仕事との共通点を意識して記載します。

また、職務経歴書は読みやすいことも大切なポイントなので、A4であれば3枚程度に収めるのが理想的です。書きたいことがたくさんあっても文字数が多いとかえって伝わりにくくなりますから、読みやすさと分かりやすさに注意してください。

職務を要約する際は、5~6行で要点を明確に記載します。この際、箇条書きよりも文章で表現することを意識し、これまでに得た成果や実績を可能な限り具体的な数字で示して、採用担当者から興味を持ってもらえるよう工夫しましょう。

応募書類を作成する際は一度、採用する側になったつもりで書類を読み返してみましょう。志望理由に説得力はあるか、応募者に求められているスキルをきちんと理解し、それをアピールできているかなど、採用担当者になったつもりで目を通してみることで、改善ポイントが見つかるかもしれません。また、私たちキャリアアドバイザーも含め、第三者の客観的な視点で応募書類を見てもらうこともおすすめします。

あなたの志向や能力を診断できて、可能性が広がる!
キャリアタイプ診断を受ける
あなたの「アピールポイント」を発見できて、面接や書類作成で役立つ!
自己PR診断を受ける
あなたの疑問や不安に転職のプロがお答え。さっそく相談してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

書類・面接のポイントのQ&Aを見る

強み・自己PRのQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウト登録もこちら

会員登録済みの方はこちら

生き方・キャリア
に悩む女性のためのモヤモヤ解消プロジェクト Woman Carrer × ディグラム・ラボ
あなたらしいキャリアを診断してみませんか? キャリアタイプ診断
女性に人気の企業からあなたの転職の可能性を診断します 合格診断
年収査定 3分で分かる、あなたの適正年収

<PR>

ワタシの“働く”を楽しくする ファンタブル funtable 未経験から事務にチャレンジ

キャリアを活かして時短で働く FlexibleCAREER