スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日:2014年10月27日

タグ:
仕事・キャリアの悩み育児

育児との両立のためには、キャリアを妥協しなければならない?

外資系ソフトウェア企業に転職して7年目。3年前に長男を出産し、約1年の育休を経て復帰しました。会社に子育て支援の環境が整っていないため時短勤務も申請しづらく、また、残業や会食、宿泊を伴う社員旅行なども多いのが現状です。さらに今年度からは海外出張の多い部門に配属になりました。キャリアアップを考えると現部門でこのまま経験を積んでいきたいのですが、育児との両立は難しさを増すばかり。子どものことを考えると、定時で帰れる部門への配置転換を申し出るべきだろうか…とも考えています。

(39歳/IT・法人営業/既婚・子どもあり)

妥協ではなく、今の状況においてベストな選択を

育児との両立が難しい状況の中で、毎日奮闘されている様子が伝わります。「状況は改善したいけれど、キャリアは妥協したくない」という強い思いも感じます。しかし、育児という大きな要素が生活に加わった今、出産前と同じだけの時間や労力を仕事に注ぐことは難しいのではないでしょうか。目標を「これまで通りに仕事を続ける」ことに設定してしまうと、おのずと仕事にも育児にも無理をきたし、自分を追い詰めることにもなりかねません。仕事に100%の力を注ぐ方法を模索するよりも、今の状況下で可能な限り仕事に打ち込める環境を整えることが大事だと思います。

そのためには今、検討されている部門の異動も有効な策と言えるでしょう。この時に大切なのは、「妥協」ではなく、仕事を続けていくための前向きな「選択」だと捉えることです。今後、子どもの成長とともに、仕事に注げる時間の割合も変化していきます。異動先でも最大限の努力を続け、きちんと成果を出し続けていれば、たとえ一時的にキャリアが停滞したとしても、キャリアアップへの道が閉ざされてしまうことはないはずです。

もう一つのアドバイスとしては、目指したいキャリアの方向性を上司にしっかりと伝えることです。「育児中だから」「時短勤務中だから」と要望を伝えることを躊躇しがちですが、時間的な制約がある時期だからこそ、「これからどう働いていきたいか」というビジョンを明確に伝えるべきだと思います。上司とコミュニケーションを図ることは、仕事に打ち込める環境を整えるための重要な一歩と言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

仕事・キャリアの悩みのQ&Aを見る

育児のQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウト登録もこちら

会員登録済みの方はこちら

参加者1,000人突破!はたらく女性向けイベントWoman's Careere Meetingに参加しませんか?
あなたらしいキャリアを診断してみませんか? キャリアタイプ診断
女性に人気の企業からあなたの転職の可能性を診断します 合格診断
年収査定 3分で分かる、あなたの適正年収

<PR>

ワタシの“働く”を楽しくする ファンタブル funtable 未経験から事務にチャレンジ

キャリアを活かして時短で働く FlexibleCAREER

育休中の不安を自信に変える パーソルグループが提供する育休中ママのためのボランティアマッチングサービス mama VOLUN