スマートフォン版で表示

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日:2016年2月29日

タグ:
書類・面接のポイント育児

子育てが落ち着いたら仕事を再開したいが、年齢的に不安

数カ月前に出産しました。出産前に勤めていた会社は産休・育休の実績がなく、私は出産後も働き続けたいと希望していたのですが、経営者の理解を得られなかったこともあり、やむなく退職を選びました。子育てが落ち着いたら再び働きたいと考えていますが、年齢的にも正社員になることは難しいように感じて、悩んでいます。

(32歳/小売・企画/既婚・子どもあり)

「組織にどう貢献できるか」を明確にアピールできるよう準備を

女性が子どもを育てながら働くことに対して、社会の理解は以前よりかなり進んでいます。しかしながら、依然として厳しい面があるのも事実です。一つのアドバイスとして、子育てで仕事を離れている期間中も仕事に関係する情報収集をしたり、自分のキャリアに役立ちそうな資格があれば挑戦するなど、自己研さんに力を入れて取り組むことは、今後のキャリアにプラスに働くでしょう。

今後、子育てが一段落して、転職活動に取り組む際のポイントとしては、「その会社に対して自分はどう貢献できるか」を応募書類や面接で明確に示すことが重要になります。あらかじめ、前職で培ったスキルや経験を棚卸しし、自分の強みを整理しておきましょう。また、緊急時に子どもを預けられる先や、双方の両親からどの程度の支援が受けられるかなど、周りのサポート体制を具体的にアピールする必要があります。加えて、「残業は○時間程度できる」「出張は1泊程度なら対応可」などのように、「最大の範囲」を明確に示すことも大切。応募書類にはそれらをできるだけ細かく記入するようにしましょう。

さらに、これまで仕事を通して実践してきた「働き方の工夫」もアピールポイントになります。例えば、周囲の人たちより少ない残業時間で成果を上げてきた実績があるのなら、どんな工夫をし、どのくらい効率を上げることができたのか、具体的な数字を交えながら実績をアピールすることも効果的でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

書類・面接のポイントのQ&Aを見る

育児のQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウト登録もこちら

会員登録済みの方はこちら

参加者1,000人突破!はたらく女性向けイベントWoman's Careere Meetingに参加しませんか?
あなたらしいキャリアを診断してみませんか? キャリアタイプ診断
女性に人気の企業からあなたの転職の可能性を診断します 合格診断
年収査定 3分で分かる、あなたの適正年収

<PR>

ワタシの“働く”を楽しくする ファンタブル funtable 未経験から事務にチャレンジ

キャリアを活かして時短で働く FlexibleCAREER

育休中の不安を自信に変える パーソルグループが提供する育休中ママのためのボランティアマッチングサービス mama VOLUN