スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:2021年1月11日

タグ:
仕事・キャリアの悩み結婚・出産

専業主婦で再就職を目指しているが、うまくいくか不安

出産のタイミングで会社を辞めてしまいました。子どもが3歳になり少しずつ手が離れてきたので、今後のことを考え、仕事を再開したいと思っています。ただ、うまくいくか不安だったり、子育てで手いっぱいになったりして、具体的な転職活動がなかなか進みません。

(33歳/専業主婦/既婚・子あり)

キャリアアドバイザーのA.をまとめると

回答したキャリアアドバイザーはこちら

瀬戸口瑞恵
国家資格 キャリアコンサルタント

教育業界にて営業職・マネジメント職、外資系企業での事務職を経て、2007年に当社に入社。入社以来、キャリアアドバイザーとして、個人のお客様の転職を支援。管理部門職種の方を中心に幅広く担当している。
プライベートでは2人の男児のママ。中長期的なキャリアプランの提案・個人の価値観に寄り添った求人提案を心がけている。

専業主婦の再就職を法律も後押し。不安になりすぎないで

専業主婦 再就職

仕事を辞めてしばらくブランクがあると、転職活動がうまくいくか自信がなくなってしまいますよね。ただ、新しい仕事を探したり、新しい職場で働き始めたりするのは誰にとっても不安なもの。

「私にはブランクがあるから」と後ろ向きなことばかり考えるのではなく、働き始める、仕事を再開する、という目標に集中し、できることから一つずつ行動に移していきましょう。

少子高齢化により労働力人口が減少している中、2016年に女性活躍推進法が施行されたこともあり、女性人材の活用が注目されています。再就職が決まらないのではと不安になりすぎることはありません。

できることを軸に仕事探しを

ブランクを経て仕事の再開を希望される方に強調しているポイントは、まず「できる仕事を探す」ということです。このタイミングでの未経験の仕事へのチャレンジは、転職活動時も入社後も、かなり労力がかかるためです。

転職活動時は、ブランクがあることに加え仕事が未経験となると、アピールできるポイントが少なくなってしまい、書類選考や面接通過の難易度が高まります。入社できたとしても、子育てと久しぶりの仕事の両立に加えて、新しいスキルや知識の習得をしなければならず、とても大変です。まずは仕事を再開することを最優先に、これまでの経験や自身の強みが活かせる仕事を探してみてはいかがでしょうか。

自分の強みやアピールポイントが分からない

なぜ再就職をしたいのか、目的を明確にしておきましょう

転職活動では、できる仕事を探すことと並行して、なぜ再就職したいのかという目的を明確にしておきましょう。自分がどう働きたいかを具体的にイメージすることで、ミスマッチの可能性が少しでも減らせます。以下の3つはよくある転職の目的なので、当てはまるものがあればポイントを押さえておきましょう。

さらにキャリアを積み重ねていきたい

再就職はキャリアのリスタートになります。これまでのブランクを取り返すべく、早くキャリアを積みたいと考えている場合は、急な残業や出張に対応する必要が出てくるかもしれません。そのため、子どもの体調不良など不測の事態への対策を考えておく必要があります。

キャリアに対する考え方や急なトラブルへの対応について、仕事を始める前にパートナーと話し合い、協力体制を作っておくことが大切です。場合によっては、ベビーシッターの利用や両親の協力なども選択肢に入れましょう。

社会とのつながりを強めたい

質問者のように子どもが3歳になると、0歳から2歳までは住民税非課税世帯のみが対象だった「幼児教育・保育の無償化」の恩恵も新たに受けられます。ただ、そういった家計の状況とは別に、今まで毎日働いていたところから仕事を辞めて子育てに専念するようになると、ある種の孤独感を感じるようになったという女性の声はよく聞きます。子どもに手がかからなくなってきたので、再度、社会とのつながりを持ちたいと思う人は多いでしょう。

時短勤務やフレックスタイムなどの各種制度を利用すれば、育児との両立を図りながら無理のない範囲で仕事を通じて社会と接点を持つことは可能ですが、育児と仕事をバランスよく両立させようとするあまり、最初はうまくいかずにどっちつかずになっていると自分を責めてしまうこともあります。

そういった不安をうまく乗り切って長く仕事を続けるためにも、日ごろから周囲と信頼関係を築き責任感を持って仕事をすること、いざというときに頼れる人を見つけておくことが大切です。

幼児教育・保育の無償化の適用条件は? よくある疑問も解説

家計の収入をできるだけ増やしたい

「子どもが成長するにつれ、家計全体の収入を上げたい」という場合は、目的がはっきりしているため、再就職先が絞りやすくなります。収入を重視する際は、今まで働いたことのある業界の知見や職種経験が活かせるポジションへ応募するほうが、年収が高くなる可能性が高いでしょう。

専業主婦の再就職を成功させるポイント

「ブランクがあるため書類選考や面接でマイナス評価を受けるのでは」と不安に感じる人は少なくありません。そこで最後に、専業主婦の再就職を成功させるためのポイントを見ていきましょう。

ブランク期間の経験をアピールする

「育児が一段落したから再就職したい」ということをうまく履歴書に落とし込むためには、育児期間のブランクを逆手に取る方法がおすすめです。

「再就職の際に役立つよう、英語の勉強を続けてきた」「育児中に得た経験を活かし、こういった仕事をしたい」など、ブランクの間に経験したこと、改めて感じたことなどをプラス材料にして、仕事に対する前向きな姿勢を伝えましょう。

また、一度ブランク期間があると、企業は「また子どもができるなど、大きな変化があったときにすぐに辞めてしまうのでは?」と懸念するのが実情です。どのようなキャリアプランを描いているかなどを伝えて、中長期でキャリアを形成していく意思があることも面接の中で伝えられると、なおよいでしょう。長期的な就労意欲もアピールできます。

雇用形態にこだわりすぎない

再就職すること自体を優先するのであれば、雇用形態にこだわらずに、まずは「働き始める」という一歩をなるべく早く踏み出すことをおすすめします。

専業主婦の期間が長くなればなるほど正社員としての再就職が難しくなるのも事実ですから、いきなりフルタイムでの復職が不安であれば、短時間勤務が可能な求人や、就労時間をある程度コントロールしやすい派遣社員の求人なども検討してみましょう。最初のうちは「リハビリ期間」と捉えて、徐々に仕事のペースを取り戻していくのもよいと思います。

時短勤務は子どもが3歳になるまでとしている企業が多いものの、小学校入学前までの実施も努力義務となっていますから、延長を行っている企業を探してみるのも一つの方法です。

周囲との協力体制を作っておく

再就職に向けた活動を始める際は、必ず家族に相談してください。仕事復帰は家族にも大きな影響を与えますから、どのように働きたいかという気持ちを共有し、育児や家事の分担を話し合っておきましょう。子どもが体調不良になったとき、夫婦だけで対応するのが難しい場面も出てくるかもしれませんから、両親にも相談しておくと安心です。また、同じ経験をしたことのある友人の意見も参考になるでしょう。

ブランクが長くなれば、それだけ復職に対するハードルも高く感じられるものです。思い悩むことでブランクの期間を長期化させるほうがもったいないので、一日も早く活動を始めましょう。

あなたの志向や能力を診断できて、可能性が広がる!
キャリアタイプ診断を受ける
子育てをしやすい環境の求人を見てみよう!
求人特集を見る
あなたの疑問や不安に転職のプロがお答え。さっそく相談してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

仕事・キャリアの悩みのQ&Aを見る

結婚・出産のQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?