スマートフォン版で表示

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日:2018年5月28日

タグ:
仕事・キャリアの悩み結婚・出産

子育てしながら仕事をし続けるということに漠然と不安があります。

まだ結婚の予定も出産の予定もありませんが、今のように働きながら子育てをすることに漠然とした不安があります。私の会社にはワーキングマザーが少なく、周りの理解を得えながら働くのに苦労しているように感じます。

(27歳/IT・営業/未婚)

新しいことにチャレンジする気持ちで、楽しんでみる感覚を持ってみましょう

dodaのキャリアカウンセリングでも育児と仕事の両立に不安を感じている女性はたいへん多くいらっしゃいます。最近は、女性活躍推進で出産後も復職される女性が劇的に増えてきましたが、育児しながら長く働き続けている先輩ワーキングマザーの存在はまだまだ少ないのが実態です。というのも、日本では総合職の女性が安定して増えてきたのはここ数年のこと。男女雇用機会均等法が施行され、女性の総合職採用が始まったのは30年以上も前のことですが、間もなくバブルが崩壊し、長く新卒採用自体が抑えられる期間が続きました。しかも1990年代後半までは女性は一般職での就職が主流でしたので、結婚・出産後には退職して専業主婦になる方がほとんどでした。2000年代に入り、ITバブルで採用が活発化して女性の総合職採用も一時的に増えたものの、すぐにリーマン・ショック。それから景気が回復してきて、女性の総合職が安定的に増えてきたのは2012年〜2013年ごろからで、実はそんなに時間が経っていません。つまり、出産後も長く働き続けている女性はどの会社でも少ないんです。

ロールモデルがいないと、どうしても不安になってしまうものですが、働き方改革が進んでいて女性が働きやすい環境になっていることは間違いありません。これから子育てしながら長く働き続ける女性像ができるタイミングですから、「私なりの両立スタイルを見つけてみよう」という感覚になってみてはいかがでしょうか。何か新しいことを楽しんでみるという気持ちが大事です。社会も、会社も、女性が長く働くことを応援してくれる時代になっていますので、あまり不安に思わず、トライしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

仕事・キャリアの悩みのQ&Aを見る

結婚・出産のQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウト登録もこちら

会員登録済みの方はこちら

参加者1,000人突破!はたらく女性向けイベントWoman's Careere Meetingに参加しませんか?
あなたらしいキャリアを診断してみませんか? キャリアタイプ診断
女性に人気の企業からあなたの転職の可能性を診断します 合格診断
年収査定 3分で分かる、あなたの適正年収

<PR>

ワタシの“働く”を楽しくする ファンタブル funtable 未経験から事務にチャレンジ

キャリアを活かして時短で働く FlexibleCAREER

育休中の不安を自信に変える パーソルグループが提供する育休中ママのためのボランティアマッチングサービス mama VOLUN