スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:2021年1月11日

タグ:
企業・職種の選び方強み・自己PR

自分の強みを活かした仕事が分からない

「自分の強みを活かした仕事」に就きたいと思っていますが、それが何なのかが分かりません。転職活動を進める中で、どのようにそういった仕事を見つければよいのでしょうか。

(29歳/営業事務/未婚)

キャリアアドバイザーのA.をまとめると

回答したキャリアアドバイザーはこちら

瀬戸口瑞恵
国家資格 キャリアコンサルタント

教育業界にて営業職・マネジメント職、外資系企業での事務職を経て、2007年に当社に入社。入社以来、キャリアアドバイザーとして、個人のお客様の転職を支援。管理部門職種の方を中心に幅広く担当している。
プライベートでは2人の男児のママ。中長期的なキャリアプランの提案・個人の価値観に寄り添った求人提案を心がけている。

まずは強みをきちんと認識できているか確認してみて

自分の強み

具体的な仕事探しをスタートする前に、これまでの経験で身についた自分の強みをきちんと認識できているか、振り返ってみてはいかがでしょうか。

自分の強みを見つける方法

転職活動を始めるときに、そもそも自分の強みが何か分からないと感じる人は多くいます。そのパターンとして、自分ができることを「大したスキルではない」と考えて見逃してしまうケースや、控えめな性格のせいで長所を強みとして認められないケース、強みとしてアピールできるのは特別な能力や才能だけだと捉えてしまうケースなどが挙げられます。

しかし、強みは、これまでの日々の業務の積み重ねや、自分では弱みだと感じている部分からも発見できる可能性があります。

例えば、ルーティンワークを効率化するために業務フローを見直したり、新たな仕組みを作ったりしたことは「スキル・実績」として客観的根拠がある強みになりますし、自ら数値目標を達成することはなくても他部署のメンバーが仕事がしやすいように考えてサポートした経験は、協調性やコミュニケーション力など自分の「長所」としてアピールできる強みとなるでしょう。

このように強みは、資格や今までの経験からなる「スキル・実績」と自分自身の「長所」との2つに分けて考えることができます。どちらにしても、今までの仕事の中で工夫したことや問題を解決したこと、取り組みへの姿勢などを整理して、自分の強みとしてアピールできるように準備しておきましょう。

自分の強みやアピールポイントが分からない

強みを活かした仕事の見つけ方

自分の強みを見つけられたとしても、その強みを活かした仕事は何か、どうやって強みを活かせる仕事を探せばいいか、悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。

仕事を選ぶ際、営業職か、企画職か、または事務職か、職種を中心に考えてしまいがちですが、強みを活かす仕事を職種だけで考えるのは案外難しいもの。そこで、自分が思っている強みから具体的な仕事探しにつなげていくために参考になる方法を考えていきます。

今までの経験・スキルが活きる業界・職種を選ぶ

転職活動では、これまでの経験を活かせる業界や職種の求人の中から企業選びをするのが一般的です。これまでの経験との共通点がある仕事、もしくは今までの経験が活かせるような事業を展開している会社など、「スキル・実績」の強みを軸に転職先を探してみましょう。

活かせる知見や経験が多ければ多いほど、転職先で早期に活躍できる可能性が高まりますし、年収もキープ、もしくは上げる交渉がしやすいといえます。

自分の適性を活かせる仕事を選ぶ

性格や素質など自分の「長所」の強みを基準に仕事を選ぶ方法もあります。自分に合った社風の会社で働くことによって、自分の「長所」をより活かすことができるでしょう。

人によって、活き活きと働ける環境がどんなものかは異なります。競争社会の中で成果を求められる環境のほうがモチベーションが上がる人もいれば、あまり変化のない環境の中でコツコツと決められたことをやれる環境のほうが向いているという人もいます。

面接での雰囲気や、内定後に職場の様子を実際に見せてもらったりして、そこで働く自分がイメージできるかどうか、入社までになるべく確認するようにしましょう。

企業側の視点を忘れずに

一つ注意すべき点として、強みを活かすことばかりにこだわるのではなく、「企業から求められる強み」を自分が持っているかどうか、という視点を忘れないことです。

求職者の希望やこだわりを実現するために、企業がわざわざ人材を採用するわけではありません。企業はあくまでも自社の利益に貢献できる人材を求めているのですから、重要なのは、企業が求めているニーズに自分の強みが合うかどうかです。

仕事とは、「相手の期待に対して自分の強みを活かして応えることで、その結果として報酬がもらえる」という構造です。「自分の強みやこだわりから何ができるか」という発想だけではなく、「企業から何が求められているか」という視点も持つようにしましょう。

自己PRと志望動機に関連性を持たせる

企業側の視点に立ってあなたの強みを伝える上で大切なのは、「自己PRと志望動機にいかに関連性を持たせるか」です。

自己PRは自分の強みやアピールポイントを伝えることで、志望動機は、なぜその会社でその仕事をしたいのかという思いです。この2つに関連性を持たせるためには、これまでに身につけたスキルの中から志望先企業で評価される可能性が高い要素を見いだすことが重要です。

そのためにも、志望先企業についてしっかり情報収集を行い、どのような顧客を相手にどういった事業展開をしているかなどをよく調べて、求職者へのニーズを探ります。もしそれで共通項を見つけることが難しければ、応募先企業が課題としていることや将来のビジョンに対して、自分のスキルや経験の中から活かせそうなものを考えてみます。

応募書類で「自己PR」と「志望動機」をうまくつなげられない

転職活動に客観的な視点を持つためにも、キャリアアドバイザーに相談を

「企業から求められる強み」を踏まえてアピールすることが大切だと分かっていても、転職活動を一人で進めていると、自分の転職活動に対して客観的な視点を持つことは難しいでしょう。一人で悩まないためにも、私たちdodaキャリアアドバイザーにお気軽にご相談ください。

例えば、職務経歴書の添削や模擬面接などを通して、企業の人事が見たらどう判断するか、どう感じるか、という点をお伝えすることもできますし、それをもとに内容をブラッシュアップすれば、より効率的な転職活動ができるはずです。希望に合った転職を実現させるためにも、自身の強みをどのようにアピールすれば効果的なのか、一緒に考えていきましょう。

あなたの志向や能力を診断できて、可能性が広がる!
キャリアタイプ診断を受ける
あなたの「アピールポイント」を発見できて、面接や書類作成で役立つ!
自己PR診断を受ける
あなたの疑問や不安に転職のプロがお答え。さっそく相談してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

企業・職種の選び方のQ&Aを見る

強み・自己PRのQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウト登録もこちら

会員登録済みの方はこちら

生き方・キャリア
に悩む女性のためのモヤモヤ解消プロジェクト Woman Carrer × ディグラム・ラボ
あなたらしいキャリアを診断してみませんか? キャリアタイプ診断
女性に人気の企業からあなたの転職の可能性を診断します 合格診断
年収査定 3分で分かる、あなたの適正年収

<PR>

ワタシの“働く”を楽しくする ファンタブル funtable 未経験から事務にチャレンジ

キャリアを活かして時短で働く FlexibleCAREER