スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:2020年10月19日

タグ:
仕事・キャリアの悩み管理職

正社員を希望しているが、管理職にはなりたくない

契約社員として働く今の会社には、正社員登用の制度があり、上司からは登用試験を受けてみないかと声をかけられています。ただ、正社員は管理職になっている人が多く、将来的に管理職になることが求められるのではないかと思っています。正社員になりたい気持ちは強くあるのですが、一方で管理職にはなりたくないと考えており、踏み切れません。管理職になることが必須ではない会社を探して、正社員としての転職を目指したほうがよいでしょうか。

(28歳/メーカー・広報/既婚・子どもなし)

キャリアアドバイザーのA.をまとめると

回答したキャリアアドバイザーはこちら

若林可那子
国家資格 キャリアコンサルタント

新卒で人材派遣会社に入社し、既存法人顧客への営業を7年半経験。その後、2017年3月よりdodaキャリアアドバイザーとして消費財等の有形商材の営業職の方や販売・サービス職の方の転職活動をサポート。
自分自身もキャリアに悩むことが多かったため、キャリアアドバイザーとの対話の中で今後のキャリアが明確になるようなサポートを心がけている。

限られた管理職のイメージで判断せず、視野を広げて

「管理職になりたくない」と考えるのは、どのような理由からでしょうか。その点をまずは自分で振り返り、整理してみましょう。職場で目にしてきた管理職は責任が重そうだった、働き方がつらそうだった、あるいは「こうなりたい」と思える管理職に出会えてこなかった、など理由はいろいろとあるでしょう。

ただ、見方を変えれば、今まで接してきた管理職がたまたま理想と違っただけで、限られた管理職のイメージで判断しているのかもしれません。別の部署や社外にも視野を広げて、さまざまな管理職の働き方や実像を知り、固定概念を変えていくことも必要だと思います。

管理職の仕事内容

そこで、まずは一般的な管理職の仕事内容をチェックしてみましょう。管理職の役割は、大きく「業務目標の達成」と「人材育成」に分けられます。

【業務目標の達成】
管理職は業務目標の達成に関して責任を持ち、チームに積極的に働きかけをすることが求められます。営業部門であれば売上金額や契約数、製造部門であれば製造数、質問者のような広報部門であれば広告換算値など、これまでに比べて、より会社全体の業績に密接に関わる目標の達成に注力することが増えます。

部門に割り当てられた目標を達成するために、長期・中期・短期それぞれで組織として何に重点を置き、どんな進め方、スケジュールでそれを達成していくか、全体計画を立てることも管理職の仕事です。

【人材育成】
組織が継続的に成果を出し続けるためには、一人ひとりのスキルの向上が欠かせません。管理職は部下の育成を通じて、仮に誰かにトラブルが起こったり部署異動が生じたりした際にも安定的に業務目標が達成できるよう、長期的な視点でチームを率います。

これらの業務内容に共通しているのは、「いちメンバーとして一定のスキルや経験が必要」という点です。正社員の人が管理職になるケースが多いのも、「スキルや経験を活かして責任がある仕事をこなせるから」という理由があるからでしょう。業務目標の達成のためにスケジュールを立てるにしろ個々の業務の経験がなければ正確な予測は難しいですし、人材育成をするにも説得力に乏しくなってしまうでしょう。

第一線の仕事を長く続けることもすばらしいことですが、管理職を経験することで新たな視点から仕事を捉えられます。もし自分が管理職になったらどうやって仕事を進めていきたいか考えて、他部署や他社の知り合いの管理職経験者にも話を聞くなどして、イメージを膨らませてみてはいかがでしょうか。

今の気持ちだけで判断する必要はない

また、仕事への向き合い方やキャリアプラン、ライフプランは、年齢を重ねるにつれて変わっていくものです。今は管理職になりたくないと思っていても、5年後、10年後とより多くの経験を積む中で、「もっと裁量を持って深く仕事に関わりたい」「後輩を育てたい」と考えが変わる可能性も大いにあります。今の職場での仕事にやりがいを感じているのであれば、現時点の気持ちだけで判断してしまうのはもったいないように思います。

管理職になるメリットは多くあります

管理職

管理職は「難しそう」「責任が重そう」といったイメージを持たれがちですが、メリットも多くあります。これらにも目を向けてみると、管理職の仕事を前向きに捉えられるかもしれません。

仕事に対して裁量の幅が広がる

管理職になると、自分の仕事が影響を及ぼす範囲が広がります。プレーヤーとして業務に当たる際は、あくまで、自分の目標や担当領域内でどのように成果を出すか、ということに終始しますが、管理職になると、自分の部下全員の担当領域や成果が管掌範囲となります。自分の考えや施策がより大きい範囲へと影響を及ぼすにしたがって責任も発生しますが、同時に大きなやりがいにもつながるでしょう。

仕事をコントロールしやすくなる

管理職になると管理業務がメインになるので、現場レベルの対応や足元の業務などは部下が担うようになります。そうなると、ある程度自分の仕事をコントロールしやすくなります。

プレイングマネジャーのように、現場社員と同じようにプレーヤーとしても従事しながらマネジャー業務を担うと、かえって忙しくなる場合もありますが、仕事の割り振りを工夫することで、今までよりも時間を柔軟に使えるようになったと感じる人も多いようです。

とくに女性の場合、出産や子育ての前後は時間に大きな制約が生まれますから、仕事をコントロールできるようになるのは大きなメリットといえるでしょう。

給料が上がる

管理職になると管理職手当がつくので、その分の収入が増えて家計に余裕が生まれます。残業代が出なくなるケースもあるため、すべての場合で収入が増えるわけではありませんが、管理職の経験があると市場価値も高まることが多いですから、将来的に転職を視野に入れているならば、これもメリットの一つになります。

管理職以外の道を探す方法もあります

正社員に登用されると必ず管理職にならなければならない、というわけではないと思います。管理職を目指す道もあれば、今持っているスキルや経験を活かしてスペシャリストになる道もあります。

特定分野の専門性を高めてスペシャリストを目指す

特定分野の専門性を伸ばしてその道のスペシャリストとして活躍する選択肢もあります。例えば、プログラマやエンジニアといった技術職の場合は市場全体が人材不足のため、高いレベルの業務をこなせる人材は重宝されますし、デザイナーなどのクリエイティブな職種のように、特定のスキルを持っていることもスペシャリストとして活躍できる一例です。

しかし、部署内の人員の年齢や経験のバランスを検討した際に、管理職が打診されることもあります。初めから思い込みで決めつけてしまうと、自分の可能性を狭めてしまう可能性もありますから、まずは「正社員になったら管理職は避けられないのか」という点を上司にきちんと確認し、自分の理想とする働き方や希望を伝えてコミュニケーションを図ってみてはいかがでしょう。

その上で、正社員になると管理職になることが避けられそうになければ、転職を検討するとよいでしょう。

あなたの志向や能力を診断できて、可能性が広がる!
キャリアタイプ診断を受ける
定着率95%以上の、長期で働きやすい求人を見てみよう!
求人特集を見る
あなたの疑問や不安に転職のプロがお答え。さっそく相談してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

仕事・キャリアの悩みのQ&Aを見る

管理職のQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウト登録もこちら

会員登録済みの方はこちら

生き方・キャリア
に悩む女性のためのモヤモヤ解消プロジェクト Woman Carrer × ディグラム・ラボ
あなたらしいキャリアを診断してみませんか? キャリアタイプ診断
女性に人気の企業からあなたの転職の可能性を診断します 合格診断
年収査定 3分で分かる、あなたの適正年収

<PR>

ワタシの“働く”を楽しくする ファンタブル funtable 未経験から事務にチャレンジ

キャリアを活かして時短で働く FlexibleCAREER