スマートフォン版で表示

はたらく今日が、いい日に。doda(デューダ)

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日:2018年2月5日

タグ:
書類・面接のポイント強み・自己PRよくある質問

女性ならではの面接でのアピール方法とは?

私はとにかく自己アピールが苦手です。自分の強みも分からないですし、無理にアピールしようとすると、あれもできます、これもできますといった感じで妙にうそっぽくなってしまい、面接官の反応も良くないように思います。

(26歳/商品企画/未婚)

自分の強み探しからではなく、まずは「どのような人物を期待されているか」を考えて。

自己アピールの際に、まず自分の強みは何だろうと考え始めてしまいがちなのですが、最初にすべきことは、どのような力があれば活躍できる求人かを考えることです。募集している求人では、どのような力が期待されているのか、自分はその仕事をする上で活かせそうな能力はあるのか。そのように求人を読み解いた上で、アピールすることを考えるのをおすすめします。例えば一般的に、営業職であれば対人対応力や成果に対してのコミット力などが期待されますし、事務職は納期通りに正確に仕事する力や、先回りで配慮して行動する力などが期待されます。求人(相手)がどういう力を求めているかをまず理解した上で、自分の特徴と共通するところをアピールするようにしてみましょう。

また、謙虚すぎて何もアピールできなかったり、あなたのように何でもできますとアピールしすぎてしまったりすることが女性には多いのですが、課題点も伝えた上で強みをアピールするのが面接では効果的です。 何か飲料品の営業に例えましょう。「この飲み物はとにかくおいしいし、美容効果もあって、値段も安い」など良いことばかり並べられると、どうでしょうか。少し胡散臭く感じてしまいそうです。一方「最初ちょっと苦みがあるので合わないと思う人もいるかもしれませんが、とても体脂肪に効果があります」など、デメリットになりそうなポイントをはじめに話してもらった上でおすすめな理由を伝えてもらうと、信憑性がぐっと増すと思いませんか。

面接も同じで、これができるあれができると、良い点ばかり伝えると自分を過大評価していると思われてしまいがちですが、「経験としては足りない部分はあるけれど」など、ネガティブな部分をまず始めに伝えた上で、「●●は得意なので価値発揮をしていきたい」と伝えると、信頼度が増します。ぜひ試してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

書類・面接のポイントのQ&Aを見る

強み・自己PRのQ&Aを見る

よくある質問のQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウト登録もこちら

会員登録済みの方はこちら

参加者1,000人突破!はたらく女性向けイベントWoman's Careere Meetingに参加しませんか?
あなたらしいキャリアを診断してみませんか? キャリアタイプ診断
女性に人気の企業からあなたの転職の可能性を診断します 合格診断
年収査定 3分で分かる、あなたの適正年収

<PR>

ワタシの“働く”を楽しくする ファンタブル funtable 未経験から事務にチャレンジ

キャリアを活かして時短で働く FlexibleCAREER

育休中の不安を自信に変える パーソルグループが提供する育休中ママのためのボランティアマッチングサービス mama VOLUN