キャリアアップを目指す女性のための転職悩み相談 キャリアや転職に悩む女性たちから寄せられた質問に、キャリアアドバイザーが答えます

このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日:2017年9月18日

自分のキャリアの軸が分からない

今の自分のキャリアへの悩み・不安

Q27自分のキャリアの軸が分からない。

先輩や上司から仕事やキャリアの軸は何かと聞かれることがありますが、どう答えていいかいつも悩んでしまいます。キャリアの軸はどのように見つければ良いのでしょうか。

(26歳/メーカー営業/未婚)

A27キャリアの軸は、筋肉の「体幹」のようなもの。軸を意識するだけで十分です。

キャリアの軸というと少し難しい響きですよね。キャリアの軸を筋肉に例えると、「体幹」に似ています。体幹がないという人はいませんが、強い弱いという差はあります。筋肉なので、鍛えればどんどん強くなりますが、鍛えないと弱いままで、どこに体幹があるか分からない、グラグラと定まらない体になってしまいます。では、キャリアの軸=体幹はどのように鍛えればよいかというと、「意識をすること」に尽きると言えます。

キャリアの軸=体幹というのは、自分のキャリアと一緒に作る(鍛える)もの。最初から、「軸はこれだ」と決められる方はめったにいないですし、そもそも経験が浅いうちに決めつけてしまうのは、見えていない可能性をなくすという不自由さを伴うこともあります。特に20代のうちは、自分の軸である「ゆずれないこと」「大事なこと」は暫定的なもので構いません。「人を喜ばせること」「人と接すること」といった漠然としたもののほうがむしろ良いと思います。その軸を意識し続けること、軸を探し続けることで、強い軸へと鍛え上げていくことができます。軸が強くなれば、大切にしたいポイントが見つけやすくなります。グラグラしない安定感のあるキャリアへとつながっていきます。

注意しなければならないのは、軸を職種や条件などで誤って定めてしまうこと。例えば、「絶対に広報の仕事」や「絶対に残業はしない」といったことです。職種や条件は軸ではありません。その職種で何を実現したいか、その職種が大事な理由は何か、残業がないことで得たいものは何か―、こういった本質を考えずに、表面的な職種や条件を軸と捉えてしまうと、誤ったキャリアの選択をしてしまうこともあります。自分の軸である「ゆずれないこと」「大事なこと」は、すぐに見つけられなくても構いません。強い軸になるように、常に意識し続けることが大切です。

「転職でキャリアアップをかなえたい」DODAのエージェントサービスへの登録はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職悩み相談トップへ戻る

今の自分のキャリアへの悩み・不安

自分の強みやアピールポイントが分からない。専門知識がなくても転職はできる? 今現在、直面するキャリアへの悩みや不安を解消するヒントをアドバイスします。

自分らしいキャリアを真剣に考えるために

あなた専任のプロのキャリアアドバイザーが5年後・10年後のキャリアプランを一緒に考えます。

エージェントサービスに申し込む(無料)

今の年収に満足していますか?本当の年収を診断!DODA年収査定サービス 無料で診断

各界で活躍する講師を招いた「女性向けイベント」Woman’s Career Meetingに参加しませんか

イベントの様子が詳しく掲載されています

参加者の声

  • 自分自身の思考の整理ができました(29歳)
  • 今、何をするべきか背中を押してもらいました(30歳)

<PR>

育休中の不安を自信に変える パーソルグループが提供する育休中ママのためのボランティアマッチングサービス mama VOLUN

求人特集

エージェントサービス

転職成功ガイド

ノウハウ
インタビュー
データ

イベント

診断