スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:2021年2月22日

タグ:
仕事・キャリアの悩みキャリアアップ

今の仕事を続けるか、プライベートを大切にできる仕事か、働き方で悩む

今の仕事は楽しいと思う半面、残業が当たり前で体力的にハードです。結婚・出産後も働き続けたいですが、この会社の働き方では難しいと思っています。とはいっても、人と接する仕事にはやりがいを感じています。このまま今の仕事でキャリアアップを目指すべきか、プライベートを大切にしてワーク・ライフ・バランスを実現するために仕事を変えたほうがいいのか、モヤモヤと悩んで答えが出せません。

(29歳/販売サービス/未婚)

キャリアアドバイザーのA.をまとめると

回答したキャリアアドバイザーはこちら

石橋寿子(いしばし・ひさこ)
国家資格 キャリアコンサルタント

新卒で塾の運営会社へ入社。その後、英会話学校に転職し、約7年間、新規・既存顧客に対しカウンターセールスを担当。マネジメント経験を経て、当社に入社。現在、営業職・販売サービス職に従事している方々を中心に幅広く転職サポートを実施。
プライベートでは1児のママ。長期的なキャリアプラン、人生プランをともに考えるパートナーとなれるような提案を心がけている。

ワーク・ライフ・バランスとキャリアアップを両立できる仕事はあります

仕事とプライベート

「ワーク・ライフ・バランスかキャリアアップか」という悩みは非常に多くの女性からお聞きします。いずれか一方を選ばなくてはいけないと考えてしまうようですが、これらは決して二者択一ではありません。

ワーク・ライフ・バランスという言葉が「仕事かプライベートかどちらかを選ぶこと」や「仕事よりもプライベートを優先すること」といった意味に誤解されることがあるのですが、正しくは「仕事と生活のバランスが取れた状態」、つまり、仕事とプライベートの両方で充実感が得られていることを指します。

ですから、ワーク・ライフ・バランスを実現するのはキャリアアップをあきらめることとイコールではありません。つまり、これらは両立できるのです。

自分の生活の中で優先したいことを考えてみましょう

念頭に置いておきたいのは、ワーク・ライフ・バランスもキャリアアップも目的ではないということです。あなたにとって何が大事か、何をしたいか、そのためのワーク・ライフ・バランスであり、キャリアアップです。まずは、生活の中で守りたい、成し遂げたいことから考えてみましょう。

さらに言うと、自分にとって満足のいく人生を過ごすためにどのような働き方が理想かを考えることが、すなわちワーク・ライフ・バランスを考えるということなのです。

生活の優先順位をつけていく

具体的にどんな日々を送りたいかイメージを膨らませていくときに、例えば、生活の中で「趣味の時間」がもっとも大切だとしましょう。趣味のためにワーク・ライフ・バランスを重視して、残業ゼロの仕事にしたところで、今よりも収入が減ってしまったら、趣味に使うお金が足りなくなってしまうかもしれません。

ですから、趣味を満喫するためには、時間や収入がどの程度必要か、趣味を中心に必要なことをまとめて優先順位をつける必要があります。生活の中で、人生の中で、もっとも大切なことから働き方や働く条件を決めていくことがポイントです。

「やりたいこと」と「やりたくないこと」を整理する

質問者のように働き方で悩む女性が多いのは、女性の働き方や生き方が多様化しているからという理由もあるでしょう。人それぞれ価値観は異なりますから、ワーク・ライフ・バランスについても、どの程度が適正な水準なのか自分なりの答えを探すのも大変だと思います。

仮に理想のライフスタイルを決めたとしても、それで本当によいのか確認する方法もないため、ワーク・ライフ・バランスの実現には常に不安がつきまといます。そういったときに判断のよりどころとするため、自分の中で「やりたいこと」や「やりたくないこと」を整理してみてはどうでしょうか。

「やりたいこと」が見つからない場合でも「やりたくないこと」を考えるのは大切です。仕事においては、残業が多いことや通勤時間が長いなど「避けたい環境」を考えるとよいでしょう。「やりたくないこと」を避けられれば人生の充実度も上がるかもしれませんし、「やりたくない」という気持ちを裏返せば、自分が大切にしたいものが見えてくるかもしれません。

ワーク・ライフ・バランスを実現するための働き方

働き方改革の流れで、今はワーク・ライフ・バランスとキャリアアップの両方を実現できる時代になりました。

どちらを選べばよいか悩むのではなく、どうやったらキャリアアップとワーク・ライフ・バランスを両立できるか、実現する方法を考えてみましょう。

まずは自分でできる働き方改革に取り組む

ワーク・ライフ・バランスを実現するために、まずは個人で働き方を変えることにチャレンジしてみましょう。

【仕事の効率を上げるための工夫をする】
日々の仕事内容を振り返ってムリ・ムダがないかを見直していきます。具体的には、不要な業務を洗い出したり、資料の整理をしたり、スケジュール管理の方法を見直したりしてみて、一つの仕事にどれくらいの時間がかかっているのか確認します。それらを踏まえて作業手順を変えたり、簡略化できる部分がないか考えたりして、効率を上げるための工夫をします。

そうやって捻出した時間をプライベートに充てれば、仕事量を減らさずに、よりワーク・ライフ・バランスが取れるようになるでしょう。

【勤務形態を見直す】
将来、結婚や出産にともなって今の働き方が難しくなると想定される場合、もし今の会社にフレックスタイムや時短勤務制度などがあれば、それらの働き方を希望する旨を上司や人事に相談してみるとよいでしょう。

会社側としても、こなせる業務量が減る場合には、あらかじめほかの担当者に打診することができます。質問者は今の会社ではこういった働き方が難しいとお考えのようですが、それはあくまで現時点でのことであって、会社も多様な働き方について検討を始めているかもしれませんから、ダメもとで相談してみても損はないと思います。

【仕事場所を変える】
こちらも会社が採り入れているか、さらには業務内容による部分もありますが、テレワークやサテライトオフィスを活用して働く場所を変えることで、ワーク・ライフ・バランスの向上に取り組むのも一つの方法です。通勤時間がなくなる、あるいは大幅に減らせることで、子どもの急な病気の際にも仕事への負担を最小限にできるなど、育児を予定している場合にも、その不安を大きく減らせるでしょう。

ワーク・ライフ・バランスを保てる企業への転職も検討する

質問者は、人と接する仕事にやりがいを感じているとのことですが、この「人と接すること」は仕事の軸としてとても大事なことだと思います。

生活の中で大切にしたいことと「人と接すること」が実現できる仕事を両立させるために、現在の職場環境を変えようとするのも一つの方法ですし、それが難しいのなら、転職を検討されてもいいかと思います。

例えば、今と同じ販売サービスで現職よりも時間の融通が利く会社を探すのもよいですし、販売サービスの経験を活かして営業職などにキャリアチェンジすることも可能です。営業職でも、法人営業であれば基本的には土日祝日は休みで、シフト制ではないことが多いので、今よりもワーク・ライフ・バランスを整えやすくなる可能性は高まります。

将来のことを考えて転職するタイミングを見計らうことも、女性の長期キャリア形成には必要です。産休・育休中の方からよくご相談いただくのが、「育児と両立しながら現職に戻れる自信がないので、できれば育休期間を利用して転職活動を行い、新しい企業で再スタートしたい」ということです。

専門的な職種であれば可能性はあるかもしれませんが、育休中は書類選考の通過率も低くなり、大半は厳しい結果となります。採用側としては、復職後にどういった勤務体系や働き方になるか分からない応募者には懸念を抱くからです。そのため、「長期的な視点で自身のキャリアを考え、将来訪れるであろうライフイベントを考えて今のうちに転職してその会社で基盤を作る」といった考えも一理あるといえるでしょう。

キャリアアドバイザーにご相談いただければ、ワーク・ライフ・バランスを保ちながら、大切にしたい「軸」をかなえる仕事を提案いたします。一人では自分に合いそうな仕事を探すのが難しいと感じたら、ぜひ一度ご相談ください。

あなたの志向や能力を診断できて、可能性が広がる!
キャリアタイプ診断を受ける
子育てをしやすい環境の求人を見てみよう!
求人特集を見る
あなたの疑問や不安に転職のプロがお答え。さっそく相談してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

仕事・キャリアの悩みのQ&Aを見る

キャリアアップのQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?