スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:2020年9月18日

タグ:
企業・職種の選び方結婚・出産

結婚したら営業職を続けるのは難しい?

営業の仕事にやりがいを感じていて、できれば結婚後も続けたいと思っています。しかし、毎月の売り上げ目標を達成するために遅くまで残業することも頻繁にあり、これから仕事と家庭を両立できるか不安です。営業職として、ワーク・ライフ・バランスを保ちながら長く働き続けることは難しいのでしょうか。

(34歳/広告・営業/未婚)

キャリアアドバイザーのA.をまとめると

回答したキャリアアドバイザーはこちら

石橋寿子(いしばし・ひさこ)
国家資格 キャリアコンサルタント

新卒で塾の運営会社へ入社。その後、英会話学校に転職し、約7年間、新規・既存顧客に対しカウンターセールスを担当。マネジメント経験を経て、当社に入社。現在、営業職・販売サービス職に従事している方々を中心に幅広く転職サポートを実施。
プライベートでは1児のママ。長期的なキャリアプラン、人生プランをともに考えるパートナーとなれるような提案を心がけている。

成果が見えやすい営業職は、女性にとって続けやすい側面も

営業職 結婚

営業職は確かに、数値目標の達成を求められるという大変さはありますが、それは見方を変えれば、数字によって成果が明確に表れ、評価につながりやすいということでもあります。また、1日や1週間のスケジュールを比較的自分でコントロールしやすい側面もあり、女性にとってはむしろ続けやすい仕事と捉える人も増えています。

ですから、この先、結婚や出産、育児などのライフステージの変化を経ても、営業職としてワーク・ライフ・バランスを保ちながら働き続けることは可能だと思います。今の仕事にやりがいを感じているなら、引き続き営業職として活躍できる道を模索してみてはいかがでしょう。

結婚後も営業職のままワーク・ライフ・バランスを保つ方法

ルーティンワークが多い職種に比べて、営業職は日々の予定が変動しやすく、業種によっては季節ごとに繁閑の差が大きくなるところもあります。また、スケジュールをコントロールしやすい面はあるものの、顧客の都合に左右されることがあるなど、急な対応が要求される場面も多いでしょう。

しかし、結婚後も営業職を続けたいという気持ちがあるならば、まずは理想の働き方やライフスタイルがどんなものか、自分で思い描いてみましょう。仕事に追われる毎日をただ過ごすのではなく、仕事も家庭も充実させられるタイムスケジュールを主体的に組んで実行すれば、ワーク・ライフ・バランスが保てるのではないでしょうか。

働き方の見直しを行う

結婚後も営業職のままワーク・ライフ・バランスを保つために、まずは残業が多い今の状況を改善できるかどうか、上司に相談してみてください。「ワーク・ライフ・バランスを重視した働き方のほうが生産性が高まり、モチベーションも維持されやすい」という考え方も広がっていますから、フレックス勤務などの柔軟な働き方を提案してみるのもよいと思います。

就業規則や情報セキュリティの関係で難しい場合もありますが、事務作業を自宅でこなしたり、直行直帰で営業先に向かったりするなど、アイデアは多く挙がるはずです。

近年、企業には多様で柔軟な働き方の推進がこれまで以上に求められています。テレワークの導入を始めとした環境整備は今後さらに進むでしょうから、「会社にプラスの効果をもたらし、売り上げに貢献したい」という積極的な姿勢で新しい働き方を提案することは、企業側にとっても歓迎すべきことです。

子育てと両立しながら営業職を続けて成果を出すための要望であることが伝われば、前向きに検討してもらえる可能性も高まるでしょう。その際には、自身の仕事内容を振り返り、無駄な作業はないか、優先すべき仕事は何かなどを整理しておくことで、さらに説得力を持たせられるでしょう。

スキルや経験を活かせる転職先を探す

残業の改善提案や柔軟な働き方の提案をしてみても会社の理解を得られない場合や、人員不足などの理由で改善が見込めない場合は、転職も選択肢に入ります。

営業職とひと口に言っても、企業によって残業の有無、職場環境や支援体制、目標達成へのプレッシャーなどは異なります。今と同じようにやりがいは感じられるうえに、残業が少なくワーク・ライフ・バランスを保てる営業職が見つかる可能性は大いにありますので、営業の仕事を選択肢から外すことはありません。

ワーク・ライフ・バランスを重視するあまり、負荷の少ない職種への転換を希望される方もいらっしゃいますが、未経験分野に転職することで給与が下がったり、やりがいがなくなったりと、また別の問題が出てくることもあります。

まずは、営業職も含めて世の中にどんな仕事があるのか、同じ営業職でも企業によってどんな違いがあるのかを知るためにも、dodaキャリアアドバイザーに相談してみてください。

子育てと両立しながら営業職を続けるためのポイント

子どもが生まれると時間的な制限が格段に増え、子どもを中心にしたライフスタイルへと変化せざるを得ませんから、これまでとまったく同じ働き方で営業職を続けるのは難しくなるでしょう。そこで、社内外の関係者や家族とのコミュニケーションや事前準備が大切になります。

社内外への「報・連・相」を綿密に行う

仕事と子育てを両立させるためには、職場の協力を得ることが不可欠です。顧客先や社内とのやり取りが多い営業職では、報告・連絡・相談がとくに重要になります。

子どもの病気の際など、急に職場を離れなければならない場合に備えて、大切なアポイントの日程を共有しておくことや、顧客へのメールのCCに上司や同僚を入れておくのはもちろん、提案書などの各種資料は共有のフォルダやサーバに格納し、不測の事態が起こっても自分以外の人がそれらにアクセスできるようにしておきましょう。

さらに、日ごろから周囲とのコミュニケーションを積極的に図り、常に最新の状況を共有しておきましょう。周囲との信頼関係は、職場にいないときのできごとへのキャッチアップの際にも心強いでしょう。もちろん、フォローしてくれる同僚への感謝の気持ちを忘れず、できる限り言葉にして伝えることを心がけてください。

また、顧客に対しては、事情を伝えた上でスケジュールを早めに共有することで、スムーズに調整が進むでしょう。

急なトラブルに備えたサポート体制を整える

子育てが始まると、子どもの急な発熱や病気で保育所から呼び出しがかかり、仕事を中断しなければならなくなることもあります。

そのため、「1日は休めなくても、半日なら調整できる」など、緊急時の対応についてパートナーとスケジュールを日々共有しておき、協力して乗り切る方法を考えておくことが大切です。また、パートナー以外にも両親や友人にあらかじめ相談しておく、あるいは、ファミリーサポートセンターや病児保育なども事前に調べて手続きを済ませておけば、いざというときに慌てず対処できます。

地域で子育てを支援するファミリーサポートセンター事業とは
共働きで子どもが病気にかかった場合は「病児保育」を活用しよう

さらに、近年はスマートフォンやパソコンを活用してのオンライン対応も浸透していますから、会社や顧客に対してオンラインでの打ち合わせを提案してみるのもよいでしょう。事前に体制を整えておけば、急なトラブルにもスムーズに対応できるはずです。

あなたの志向や能力を診断できて、可能性が広がる!
キャリアタイプ診断を受ける
ワークライフバランスをととのえやすい求人を見てみよう!
求人特集を見る
あなたの疑問や不安に転職のプロがお答え。さっそく相談してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

企業・職種の選び方のQ&Aを見る

結婚・出産のQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?