スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日:2015年3月9日

タグ:
書類・面接のポイントよくある質問

書類選考で落ちてしまう

1カ月前から転職活動を続けていますが、書類選考で何社も落ちてしまい、面接に進むことができません。年齢がネックになっているのでしょうか…。もしそうであれば、年齢の面をカバーできるような自己PRをしたいと思うのですが、書類に書けるような資格や特殊スキルもなく、悩んでいます。

(34歳/広告・事務アシスタント/未婚)

今の年齢で求められるスキルや経験を知ることが大切

dodaの「転職成功者の年齢調査」からも分かるように、転職成功者の平均年齢は年々上昇するなど、企業は転職者に「若さ」を求めているわけではなく、年齢に応じたスキルや経験を評価しています。当然のことながら、応募者の年齢が上がるにつれて、企業が求めるスキルや経験のレベルも高くなりますので、今の職種、今の年齢ならば、どのような経験が求められているのか把握することが大切です。その上で、「年齢に見合った強み」を自己分析しましょう。

また、自己PRとして書類に書ける資格がないとのことですが、転職活動でのアピールポイントは資格だけではありません。たとえば、「ほかの人がいやがるような仕事を率先して引き受けた」「自分なりに工夫して生産性を上げた」などの経験も評価ポイントになります。自分では当たり前にやってきたと思えることでも、客観的に見ればあなたならではの強みというものがきっとあるはずです。

自分では良く書けたと思っている応募書類でも、せっかくのアピールポイントが分かりにくくなっていたり、具体性に欠けていたりする可能性もあります。それらに気づくためにも、dodaのようなエージェントサービスを利用するなど、客観的な視点で書類を見てもらうことをおすすめします。自分では気づきにくい改善のポイントが分かるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

書類・面接のポイントのQ&Aを見る

よくある質問のQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウト登録もこちら

会員登録済みの方はこちら

参加者1,000人突破!はたらく女性向けイベントWoman's Careere Meetingに参加しませんか?
あなたらしいキャリアを診断してみませんか? キャリアタイプ診断
女性に人気の企業からあなたの転職の可能性を診断します 合格診断
年収査定 3分で分かる、あなたの適正年収

<PR>

ワタシの“働く”を楽しくする ファンタブル funtable 未経験から事務にチャレンジ

キャリアを活かして時短で働く FlexibleCAREER