スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:2022年4月4日

タグ:
企業・職種の選び方時短勤務

時短勤務で転職できそうな求人が見つからない

産休・育休を経て復職し、現在は短時間勤務制度を利用して働いています。育児をしながら働き続けられる環境はとてもありがたいのですが、ルーティンワークが中心の今の仕事にやりがいをあまり感じられず、転職したいと考えています。でも、時短勤務で転職できそうな求人が見つからず、うまくいくか不安です。

(31歳/IT・営業/既婚・子どもあり)

キャリアアドバイザーのA.をまとめると

回答したキャリアアドバイザーはこちら

石橋寿子(いしばし・ひさこ)
国家資格 キャリアコンサルタント

新卒で塾の運営会社へ入社。その後、英会話学校に転職し、約7年間、新規・既存顧客に対しカウンターセールスを担当。マネジメント経験を経て、当社に入社。現在、営業職・販売サービス職に従事している方々を中心に幅広く転職サポートを実施。
プライベートでは1児のママ。長期的なキャリアプラン、人生プランをともに考えるパートナーとなれるような提案を心がけている。

時短勤務での転職は、キャリアアドバイザーにご相談ください

時短勤務

時短勤務での転職は通常の転職よりも難しいですが、決して不可能ではありません。働き方改革や女性活躍推進の浸透で時短勤務に対する企業の柔軟性は高まりつつあるため、転職活動のポイントをつかめばチャンスはあると言えるでしょう。

とはいえ、仕事と育児をこなしながらの転職活動は、時間を確保することすら大変です。その貴重な時間を効率よく使うため、転職エージェントサービスも活用して、ぜひ私たちキャリアアドバイザーにご相談ください。

エージェントサービスを利用する最大のメリットは、希望条件にマッチする企業が提案されること。自分で条件を満たす求人を探すのではなく、転職希望者と企業との間にキャリアアドバイザーが入り、スキルや経験、本人の希望を踏まえて求人を紹介するので、ミスマッチも起きにくくなります。

dodaのキャリアアドバイザーには多数のワーキングマザーが在籍しているので、育児をしながら働く女性の悩みに寄り添って求人紹介やキャリア提案をいたします。

書類選考や面接対策など内定を勝ち取るための作戦を立てやすくなることに加え、面接スケジュールの調整も依頼できますし、一般には公開されていない非公開求人を取り扱っているというメリットもあるため、今回のように「時短勤務で転職」といった少し難しい条件があるときこそ、積極的にキャリアアドバイザーの力を借りて転職活動をスムーズに進めましょう。

オンラインでキャリアアドバイザーに相談!女性の転職ならdodaエージェントサービス

時短勤務の転職を成功させるポイント

転職を成功させるためには、「時短勤務で働く中で実現したいこと」と「自分が持つ強み」が明確になっている必要があります。時短勤務を希望する人の中には、面接でその理由を説明する際に、子育てや介護などプライベートの事情だけを伝えようとする人が多くいます。

たしかに「子育てや介護が大変だから時短勤務がしたい」という気持ちは分かりますが、職場で具体的にどう働いていきたいかという意思を伝えることのほうが重要です。

同時に、企業に時短勤務でも採用したい人材だと思ってもらえるようなアピールをすることが必須です。そのためにも、資格やスキル、専門知識、これまでの経験を整理して自分の強みを明確にしたうえで、時短勤務という枠組みの中でどのように働いていきたいのか、転職活動を始める前に可能な限りシミュレーションしておきましょう。

時短勤務での転職はハードルが高め。さまざまな可能性を模索してみましょう

ここ数年、ワーキングマザーの増加に見られるように、働き方の多様性への理解度が上がってきており、時短勤務が活用されやすくなるように社内制度を整備している企業も増加しています。

しかし、採用枠は少なくハードルが高いことは事実で、それに加えて時短勤務に関する労使協定が結ばれている場合もあります。

時短勤務は転職後1年間申請できないケースもあるので注意

「時短勤務あり」の企業の詳細を確認すると、「雇用期間1年未満は時短勤務対象外」といった条件付きの場合が多いため、注意が必要です。これは、企業と労働者の間で交わされる労使協定によるものです。

時短勤務は育児・介護休業法によって認められているものですが、1日の所定労働時間が6時間未満などの場合にはこの制度を利用できないほか、上記の「雇用期間が1年未満」とは異なる条件の労使協定が結ばれるケースもありますから、下記のリンクから条件を確認しておくとよいでしょう。

あなたは大丈夫?育児休暇や時短勤務が適用されないケースに要注意

数は少なくなってしまいますが、転職してすぐ時短勤務ができる求人もあります。ただ、中途採用は応募者同士を比較する相対評価ですから、経験やスキルが同程度のフルタイム勤務の応募者と時短勤務希望の応募者が並んだ際に、あえて後者を優先して採用する企業は多くありません。

したがって、時短勤務での採用を目指す場合、高度なスキルや豊富な経験があること、「短時間で効率よく成果を出せる」という評価を得る必要があります。

また、労使協定の内容以外の条件を設けている企業もあるため、応募要項や面接での確認が必要です。詳細を把握しないまま採用後に自分が時短勤務の対象外であることを知り、どうしようかと悩む人もいますから、事前のチェックは怠らないようにしましょう。

「子育てと両立しながらフルタイム勤務できる企業」も同時に検討を

時短勤務が前提だとどうしても選択肢は限られますが、子育てと両立しながらフルタイム勤務ができる企業を探すことで選択肢が広がります。

例えば、最寄り駅が自宅や保育所に近い企業、リモートワークや在宅勤務を積極的に実施している企業、定時の時間帯が早めの企業、7時間勤務の企業、基本的に残業がないポジションなども探してみてください。よく探してみると、条件に合う企業が見つかるかもしれません。

また、子どもが小学校就学前の場合は、企業に申請することで一定時間の時間外労働が制限できる、法律に基づいた制度もあります。ほかにも活用できるものがないかリサーチして、できるだけ選択肢を広げましょう。

女性が活躍できる企業 子育て支援企業の見つけ方・選び方 くるみん

時短勤務でも採用したいと思わせるアピールポイントを見つけましょう

狭き門ではありますが、時短勤務の転職を成功させられる可能性は十分にあります。そこで、これまでの経験を振り返って、時短勤務でも採用したいと思わせるアピールポイントを見つけましょう。

自分の強みとキャリアプランを明確にする

アピールポイントにつながる自分の強みを明確にするため、今までどのような仕事を経験してきたか、それによって身についたスキルも含めてリストアップしてみましょう。

求められるスキルや経験は企業ごとに異なりますから、ある企業で評価されなかった要素がほかの企業で重宝されることもあります。洗い出した強みの中から志望先企業に合わせて適切なものをピックアップし、具体的なエピソードで肉付けして説得力のあるアピールポイントにしていきましょう。

この作業に合わせて、これから仕事と育児を両立させながらどうやって働いていきたいか、キャリアプランを立てましょう。ポイントは1年後、3年後、5年後など細かく目標を設定すること。小さな目標をクリアしながら、大きな目標への到達を目指します。

自分の考えがまとまっていないと、仮に企業探しを始めたとしても、希望に合った企業がなかなか見つからないケースがあります。しかし、それは本当に希望どおりの企業がないのではなく、求人ごとに自分の優先順位が変わってしまい、結果的に多くを望みすぎる形になっているからかもしれないのです。

一方、自分の強みやキャリアプランが明確になっていれば、転職活動を進める中で迷いが少なくなり、書類選考や面接でも自分の率直な気持ちが伝えられるはずです。

また、面接などの実際の転職活動を通じて自分のキャリアの軸を微調整していく姿勢も大切です。企業が求める人物像をキャリアプランに反映させることは、長期的に自分の市場価値を高めることにもつながるでしょう。

自分の強みが分からないのでアピールしにくい
出産後の転職活動は難しい? これまでのキャリアは手放すべき?

あなたの志向や能力を診断できて、可能性が広がる!
キャリアタイプ診断を受ける
子育てをしやすい環境の求人を見てみよう!
求人特集を見る
あなたの疑問や不安に転職のプロがお答え。さっそく相談してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

企業・職種の選び方のQ&Aを見る

時短勤務のQ&Aを見る