スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:2020年12月21日

タグ:
企業・職種の選び方よくある質問

自分に合った仕事の見つけ方が分からない

転職を考えていますが、具体的にどんな仕事がしたいのか、どんな仕事が自分に合っているか分かりません。どのように見つければよいでしょうか。

(29歳/メーカー営業/既婚・子なし)

キャリアアドバイザーのA.をまとめると

回答したキャリアアドバイザーはこちら

高島佐代子
国家資格 キャリアコンサルタント

前職ではウェディングプランナーを経験。より個人に深く関わり、人生の大きな意思決定のサポートをしたいという思いでdodaキャリアアドバイザーに。
おもに営業職、事務職、販売サービス職を担当。女性のキャリア支援実績も多数。

自分に合った仕事を見つけるために、まずは過去を振り返ってみて

自分に合う仕事の見つけ方

「自分に合う仕事が分からない」「何がやりたいか分からない」と悩んでいる女性はたくさんいます。そんな女性の多くに共通しているのは、“今後どんな仕事がしたいのだろう?”というように、未来からイメージしていることです。

まだ訪れていない未来を想像してもなかなか答えが見つからないのは当然。そんなときは、まずは一度、過去を振り返ってみることをおすすめしています。

「自分に合った仕事」と「自分に合った結婚相手」は同じ?

「自分に合う仕事探し」と「自分に合う結婚相手探し」は似ているところがあります。「結婚相手が見つからない」理由として、人と出会う機会を作っていないか、作っていたとしても自分が何を重視して結婚をしたいのか分かっていないことが多かったりします。

では、自分が何を重視して結婚したいのか分かっていないときはどうすればよいのでしょうか。そんなときは、これまで好意を抱いた相手を振り返ってみると、何らかの共通点が見つかりませんか。また、逆に「こういう人は合わなかった」という共通点もあるでしょう。その共通点を知っておくことが結婚相手を見つける上で大事なポイントになります。

仕事選びにも同じことが言えます。これまでの仕事の経験を振り返り、自分が「楽しい、やりがいがある」「達成感があった」「こう言われてうれしかった」と思った場面を思い浮かべてみましょう。難しい人は、学生時代など仕事以外にさかのぼっても構いません。

逆に「この仕事はどうしてもきつい」「努力してもなかなか結果が出ない」といった場面もあったはずです。どちらの場合も、何らかの共通点が見えてこないでしょうか。

例えば、「昔から一人でコツコツとゴールに向かうよりも、大勢で何かを作りあげることが好きだった」「プロジェクトメンバーの知見を合わせて、課題に立ち向かうことがやりがいだった」など、人との関わり合いの中で目標の達成をすることにやりがいを覚える人もいるでしょう。一方で、「人と競い合いながら切磋琢磨できる」ことが自分の成長につながり、やりがいがあったとする人もいるはずです。

過去の経験を振り返り、自分が大切にしたい点と避けたい点を踏まえて何を優先するのかをある程度決めておくことで、自分に合う仕事は見つけやすくなるはずです。しかも、そのポイントは志望動機として説得力を持ち、志望先企業にも伝わるでしょう。

理想をすべてかなえられる仕事を見つけるのは難しいかもしれません。嫌いなことの中でも、ある程度のガマンや妥協ができるものがないかを考える姿勢も大切で、そのためにも今の自分の気持ちを把握しておくことが重要になるのです。

自分の重視したい点、避けるべき点を知るために、dodaの転職タイプ診断もおすすめです。今の仕事のどんな部分に満足や不安を感じているかチャートで可視化してくれるなど、客観的に自分を見つめ直すことができるでしょう。

適職探しのヒントが見つかる! 転職タイプ診断|転職ならdoda(デューダ)

「やりたい仕事」がなくても、自分に合う仕事は見つかります

中には「やりがいを感じる仕事は?」「楽しかった仕事は?」と問われると困ってしまう方もいると思います。仕事は仕事であり、強くやりたいと思うことがないという相談はよく寄せられます。

そういった方に伝えたいのは、必ずしも「やりたいと思う仕事」が自分に「向いている仕事」になるとは限らないということです。特別好きなことではなくても自分に向いている仕事の場合、スキルや適性を活かして効率よく働けて、結果的に仕事のやりがいにつながるかもしれません。

好きなことを仕事にして成功に結びつけられる人もいますが、誰もがそうなれるわけではありません。好きだから仕事にしたものの、好きだからこその理想と現実とのギャップを感じてしまい、挫折してしまうケースはよくあります。

希望をすべてかなえる100点満点の企業はない、と頭に置いて活動しましょう

転職活動を進めていると、「たくさんの企業を見てもどれもしっくりこない」という気持ちになる人も一定数います。自分にとってすべての理想や希望がかなう100点満点の企業は残念ながらなかなか見つからないと思います。

ですから、何をもって「自分に合う」と判断するのか決めた上で、一番重視したいものや、これだけは決して譲れないという条件を明確にしておく必要があります。

それでも自分に合う仕事や会社が分からない、と感じた場合は、以下の方法を試してみてはどうでしょうか。

応募段階では幅広い業界や職種を検討する

転職活動を始める際に、「自分に合うのはこういう業界や職種」と思い込んでしまうことがあります。そういった方には、応募段階ではできるだけ幅広い業界や職種を検討し選考に参加してみることをおすすめしています。

実際に面接に行ってみると、自分が想定していたよりも自分がかなえたいことが実現できる環境だった、会社の雰囲気が自分に合うと感じた、よい意味でのギャップを感じた、という転職希望者は多いものです。逆に、応募時は志望度の高い企業でも、実際に会ってみたら印象が変わった…ということも往々にしてあります。

仕事選びは人生において大切な決断だからこそ、実際に会ったり、話を聞いたりした上で、自分に合う、合わないを判断したほうが納得して決めることができるでしょう。

内定時にはスコアリングで比較してみる

内定先企業と自分の希望条件がどれくらい合致しているか確認するために、スコアをつけて比較検討するのも仕事選びに役立つ方法の一つです。

比較の対象は、具体的な業務内容、年収や休日日数などの待遇面、会社の文化や雰囲気などの社風、将来性など、あまり多くなりすぎない程度で複数項目を設定します。

各5点満点などで項目ごとにスコアリングし、その合計点を見ることで会社との相性を数値化でき、客観的に各企業を比較することができます。もちろん今の会社も比較対象に入れてください。総合点が高い、あるいは自分の中で優先度が高い項目が高得点の企業を選ぶと、自分に合う仕事が選べるでしょう。

あなたの志向や能力を診断できて、可能性が広がる!
キャリアタイプ診断を受ける
モヤモヤタイプを診断して、
キャリアのヒントを得よう
モヤモヤ解消診断を受ける
あなたの疑問や不安に転職のプロがお答え。さっそく相談してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

企業・職種の選び方のQ&Aを見る

よくある質問のQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウト登録もこちら

会員登録済みの方はこちら

生き方・キャリア
に悩む女性のためのモヤモヤ解消プロジェクト Woman Carrer × ディグラム・ラボ
あなたらしいキャリアを診断してみませんか? キャリアタイプ診断
女性に人気の企業からあなたの転職の可能性を診断します 合格診断
年収査定 3分で分かる、あなたの適正年収

<PR>

ワタシの“働く”を楽しくする ファンタブル funtable 未経験から事務にチャレンジ

キャリアを活かして時短で働く FlexibleCAREER