スマートフォン版で表示

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日:2016年5月23日

タグ:
仕事・キャリアの悩み

「女性ならではの視点」が分からない

事務機器メーカーでロングセラー商品のてこ入れプロジェクトに携わっています。上司から「女性ならではの視点やアイデアに期待している」とよく言われるのですが、そのたびに困惑します。というのも、その商品は特に女性向けというわけでもなく、「女性ターゲット向けにカスタマイズする」というミッションでもありません。そもそも、私が出す意見やアイデアが、「女性ならでは」のものなのか自分自身でもよく分かりません。上司は単に私に発破をかけているだけで、深い意味はないのでしょうか。

(29歳/メーカー・商品企画/未婚)

「女性の視点」にとらわれ過ぎず、ほかの人にはない「自分だけの視点」を大切に

「女性ならでは」は、言葉のあやではなく、実際に上司があなたに期待していることだと思います。女性向けの商材でなくても、女性のユーザーからの支持を増やしたいという狙いがあるのではないでしょうか。一般的に女性のほうがクチコミ力や拡散力に長け、消費意欲や購買意欲も高いため、商材の種類にかかわらず、女性の支持を得られるかどうかは売り上げを大きく左右します。また、たとえ男性向け商材でも、実際に選んだり購入したりするのは妻やパートナーなど女性である場合も多く、女性の意見は消費行動に与える影響力が大きいからです。

ただ、必要以上に性別にとらわれることはありません。「女性ならでは」の意味について考え込むよりも、ほかの人にはない自分の視点や、これまで検討されてこなかったような新たな視点を見つけ出し、提案することをまず意識してみてはどうでしょうか。

例えば、「商品を買う理由」だけではなく、「買わない理由」「興味がない理由」を考えることで、何かヒントが見えてくるかもしれません。また、自分自身の日常の行動を振り返って、商品を手に取りやすい場面や機会をイメージし、新たな販売戦略を提案する方法もあるでしょう。モノや情報が飽和している現状の中で、上司はあなたに、「その手があったか!」と思わせるような、まだ埋もれたニーズを探り当てることを期待しているのではないでしょうか。

自分だけの視点を持つことや、既成概念を疑ってみることは、商品企画に限らずどの職種でも、また、男女の区別なく、仕事をする上でとても大切なことだと思います。日頃からその姿勢を意識して成果を積み重ねることが、あなたの存在意義や仕事の価値を高めることにつながるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

仕事・キャリアの悩みのQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウト登録もこちら

会員登録済みの方はこちら

参加者1,000人突破!はたらく女性向けイベントWoman's Careere Meetingに参加しませんか?
あなたらしいキャリアを診断してみませんか? キャリアタイプ診断
女性に人気の企業からあなたの転職の可能性を診断します 合格診断
年収査定 3分で分かる、あなたの適正年収

<PR>

ワタシの“働く”を楽しくする ファンタブル funtable 未経験から事務にチャレンジ

キャリアを活かして時短で働く FlexibleCAREER

育休中の不安を自信に変える パーソルグループが提供する育休中ママのためのボランティアマッチングサービス mama VOLUN