スマートフォン版で表示

女性のための
転職Q&A

女性のための転職Q&A 女性のための転職Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日:2016年12月26日

タグ:
書類・面接のポイント未経験

未経験で「広報」に挑戦したい。転職するコツは?

営業経験しかありませんが、以前から「広報」の仕事がしてみたいと思っていました。経験や実績がないため、どのようにアピールすればよいか分かりません。転職するコツがあったら教えてください。

(28歳/IT・営業/未婚)

現職と共通して活かせるスキルのアピールを。さらに、プラスアルファの書類で熱意を伝えましょう。

すでにお持ちのスキルでアピールできることから考えてみましょう。まず、広報で不可欠なスキルといえば文章を書く力。プレスリリースの作成は広報業務のはじめの一歩です。文章を書くことが得意で、もしプライベートなどで実績があればぜひ伝えてみてください。次に、営業経験から身についたスキルで、広報でも活かせることについて。広報は対外メディアに自社または自社サービスをアピールすることがミッションであり、実は営業力が大いに発揮できる仕事なのです。営業で身につけた商材やサービスを売り込む力や提案力があることを具体的事例とともにアピールしてみましょう。さらに、広報は社内外の関係者との調整も欠かせない業務のひとつですが、これも営業と共通するところがあります。さまざまな利害関係者を調整した経験があればその時あなたがどんな工夫をしていたかを伝えてみてはいかがでしょうか。

そして求人の選び方にもポイントがあります。大手企業の広報は、メディアからの問い合わせを“受ける”仕事が比較的多いですが、逆に成長中の新興企業の広報は自社や自社サービスをメディアに“売り込む”仕事が多い傾向にあります。ですので、あなたの営業経験を発揮しやすい点で、後者のような新興企業がおすすめです。このような企業は未経験歓迎の広報求人も多く、異職種からチャレンジするのにも適しています。加えて、現在IT業界でご活躍中ということですので、IT業界の会社を選べば、現職で得たITの専門知識を活かすこともできます。職種は未経験でも経験業界から挑戦することで、他の応募者よりも有利に選考が進められるでしょう。

とはいえ、「5分で分かる!今すぐ使える!転職活動ノウハウ:憧れのあの職種に転職するには?異職種転職のかなえ方」でもご紹介している通り、最終的に大事なのは、その仕事をやりたいという意志です。多くの応募書類の中から「この人と働いてみたい」と思ってもらうため、熱意を伝える一工夫も大事です。

実務の経験はなくても、広報関連の本を読んだり、セミナーに参加したり、現時点でもできることはあるかと思います。そういった活動から得た情報を元に、広報職で実現したいことなどを1枚の書類にまとめてみてください。規定の提出書類が履歴書や職務経歴書だったとしても、プラスアルファの1枚の書類で熱意を伝えるのです。あなたが「やりたい」という思いだけで応募しているのではなく、その気持ちが普段のアクションに落とし込まれ、そして実現したいビジョンにつながっているということを理解してもらえれば、転職の可能性はぐっと高まると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

書類・面接のポイントのQ&Aを見る

未経験のQ&Aを見る

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウト登録もこちら

会員登録済みの方はこちら

参加者1,000人突破!はたらく女性向けイベントWoman's Careere Meetingに参加しませんか?
あなたらしいキャリアを診断してみませんか? キャリアタイプ診断
女性に人気の企業からあなたの転職の可能性を診断します 合格診断
年収査定 3分で分かる、あなたの適正年収

<PR>

ワタシの“働く”を楽しくする ファンタブル funtable 未経験から事務にチャレンジ

キャリアを活かして時短で働く FlexibleCAREER

育休中の不安を自信に変える パーソルグループが提供する育休中ママのためのボランティアマッチングサービス mama VOLUN